--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/10/25(土)
『殺処分』
1010 005y

先日の放送分のZERO、録画してあったのを思い切って見ました。
相も変わらず、処分センターに飼い犬を麻袋に入れて持ってきた飼い主とのやり取りを放映していました。
センターではなるべく処分したくないと、飼い主を思いとどまらせようと説得し、夫の方は一旦あきらめ家に連れ帰ろうとしましたが、妻が「なんでだめなのよ~」みたいに抗議して。

結局一度帰ったのに又納得できないと引き返した妻が、センターの獣医と押し問答の末、犬を置いて帰って行きました。(なんとこの犬が飼い主の家にいたのは3日だけだったそうです。)

この様な飼い主(主に妻)は、今度生まれ変わったら、飼い主に裏切られる犬に生まれ変わって欲しい(と思って怒りを静める私です。。。)

何はともあれ、テレビで映したその犬の顔ったら・・・
恐怖でよだれもたらしっぱなしで、もう筆舌に尽くしがたい・・・
こんな犬の顔を見ても置いていける奴は!!!←死刑!


と言うか、殺処分部屋に入れられていた犬は全て同じ顔をしていました。
自分に降りかかる運命がわかっているのでしょうか?!

ZEROのキャスターたちもみな飼い主の身勝手さ無責任さに怒り、処分を待つ犬の顔の事を言っていました。
処分の様子を飼い主に見せるというペナルティーをかせば良いとわたしは思います。1匹処分するのに役1万円かかるそうですし、税金なんですから。

でもそのセンターでは、殺処分を減らしたいと一生懸命頑張っていました。
小学校に命の大事さを教える授業に行ったり、救えそうな子はなるべくたくさん収容してワクチンを打ち、躾をしていました。
そのお陰で数年で処分が25%くらい減ったそうです。
辛い辛いお仕事だと思いますが、この様な方には頭が下がります。

最後にイギリスが処分動物の譲渡を推進していて、実にその8割は助けている事をあげ、日本の9割は処分と比較し、貰い手を探す事が大切だと結んでいました。

もちろん蛇口を締める事の大切さも述べてくれていましたが、この様な番組は毎日毎日やって欲しいですね。
スポンサーサイト
私も見ました。
ホント死刑確定、地獄直行って思います。
しかしあのワンコ家に居たのが3日とは!!!

他にも、おじぃさんが持ち込んだ子猫は『猫が子供産んじゃって~、一匹居ればじゅうぶんだから』って・・・
家にいる猫に避妊手術しろって。
でもしないんだろうな、きっと・・・。

私が子供の頃、近所で子猫が生まれると、当たり前に川に流したり、ビニール袋に入れて畑に捨てられたりしてましたよ。今、思うと恐ろしい・・・
2008/10/26(日) 06:28:39 | URL | [ 編集]
ママリン
ハッチーさん
わたしの日記へコメントを以下のように下さった方がいます。

あの放送された愛護センターは千葉県だそうです。
あの獣医さんにお会いした方がおっしゃっていました。
とても頑張っていらっしゃる素晴らしい女性です。
お名前は実名ではありませんでしたが顔を出された事、もの凄い勇気だったと思います。
と、言いますのもこの獣医さんには10歳位の子供さんがいます。
親が愛護センターで働いている事が解ると、子供は学校でイジメにあう事が多いんだそうです。
「お前の親は、犬殺してんだろ!」
そのうえ千葉県は「動物保護条例」もないお粗末な県です。
年々、愛護センターでの予算は削られ老朽化した施設と少ない人手で職員の人達は頑張っています。
皆さんも、地元の愛護センターの職員さん達に励ましのメッセージも送って下さい。
毎日、毎日辛い仕事をなさっている方達です。
理解者や応援があれば、励みになる思います。

2008/10/26(日) 07:02:47 | URL | [ 編集]
るん
私も見ましたよ~!

思いとどまらせようとした職員さん、もう少し厳しく言ってもいいのにー!
と思いましたが・・・・。
一頭処分するのに税金が・・・・の下りとか声を大にして言って欲しいです。
動物嫌いの人すら怒ってくれそう。

もちろん一番大切なのは、避妊と生涯飼育ですが!!
2008/10/26(日) 08:37:49 | URL | [ 編集]
ちゃま坊
もっと蛇口を止めるということに社会がなってほしい。

獣医さんが言っていた言葉が印象に残りました。
番組で少し触れていたけれど、ペットショップで犬を買わないで、愛護センターでもらってほしい。
マスコミがブームを作り繁殖させ販売する文化を作ってしまったけれど、
それに対抗する文化を市民活動から作りたいです。
2008/10/26(日) 10:48:17 | URL | [ 編集]
ねこまんま
先日愛護センターへの猫の持ち込みを見てしまった直後で
どうしてこんな事がまかり通るのか、怒りとやるせなさで悶えました。
譲渡も大切ですが、何より蛇口を閉めなければいけませんね。
動物の恐怖はもちろん、センターの職員さん、獣医さんの日々の辛さを
持ち込む人達には想像もできないのでしょうね。
やはり、それが罪だと子供のうちから教えないと・・・
小学校での授業、とても大切だと感じました。
やはり、指導センターに何かアプローチをしたいと思います。
番組中、処分は安楽死では無いという事も言っていただきたかったです。

ママリンさん、番組にお顔を出すとお子さんがいじめに合うとは…
獣医の女性、本当になんとかしたいというご決心だったのですね。
むしろ動物を持ち込んだ人達のお顔の方を出して欲しかったです。
カメラが回っているのに堂々と置いていくだけでもすごいと思っていました。
2008/10/26(日) 14:07:14 | URL | [ 編集]
あまね
私も見ましたが、袋に入れて犬を持ってきた飼い主(特に妻!!)
一体命を何だと思っているのでしょうか
しかも取材されていることを承知しているんですよね?
人間として恥ずかしい最低の行為をしているという自覚がないんでしょうね
「顔を見せてみろ!!!!!!」と怒り爆発でした

無理やり引きずられていく犬の姿。そして檻に入れられた後の、よだれを垂らした絶望とも悲しみとも言えない表情が忘れられません。

一つ残念だったのは、キャスターの方がこのような行為は犯罪であると言っていましたが、どのような罰則が科せられるのかをきちんと言ってほしかったです。(最初を見逃してしまったのでそこで言ったのかな?)
これからもこのような放送を継続してやってほしいですね
2008/10/27(月) 09:51:42 | URL | [ 編集]
oyata
この番組は見ていません。動物好きであれば
あるほど、愛護活動に関わると胸がキリキリ
痛む思いで辛くなりますが、現実を変えるには
気持ちを強く持って行動しないと!ですね。

イギリスは動物虐待の歴史を乗り越えて
愛護先進国ですね。(王室の狩りは・・・)
きのう毛皮反対のピースウォークに参加しましたが
メジャーなメディアは積極的に取材しないんです。

ちゃま坊さまのおっしゃる通り、メディアが
ペットショップではなく、愛護センターから
ワン&ニャンをもらおうというブームを
しかけてくれて、それが常識になって欲しいです。
2008/10/27(月) 17:23:06 | URL | [ 編集]
ハッチー
皆様
コメントたくさんたくさんありがとうございました。
何も悪い事をしていない犬猫たちが、増やした人間によって
殺されるという社会、単純に不条理だと思います。

売りっぱなしのショップ、ペットブームで暴利を貪っている彼ら。
感情も苦痛も感じる犬や猫を、虫けらの様に扱っている人たち。
要らなくなったらポイ捨て!
針の先程の慈悲もない飼い主たち。
同じ人としてたまらない気持ちです。

環境省も処分を半減!と言っている割には手ぬるいと思います。
もっともっと切り込んで欲しいです。
繁殖屋をつぶして欲しいです。

ペットは愛護センターで貰う。そういう人はステータスの高い人。
マスコミを使えば、そういう文化、認識はあっという間に広がると
思います。

半減ではなく、ガスによる殺処分はゼロにして欲しいですね。

2008/10/28(火) 00:07:09 | URL | [ 編集]
厩務員
ハッチーさん、お久しぶりです。
この番組私は見れなかったのですが、テレビを見た方から飼い主から見放された犬達を1匹でも救いたいので、何をしたら良いのか教えて欲しいとメールが有りました。 メディアの力を大きいです。こういった番組をもっともっと放送して欲しいですよね。反響が大きい事は局にとって望む処でしょうから、ZEROに称賛の声を届けましょう!
2008/10/28(火) 23:54:11 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。