--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/11/24(月)
『何のためのマイクロチップ?!』
公共施設の猫のお世話仲間の、くろこだいるさんから掲示板にお知らせいただいた件で、以前より私も憤慨していましたので、こちらに転記させて戴きます。

要するに、くろこだいるさんが保護した猫さんに、チップが入っていて、動物指導センターは、容易に判明できたのにも関らず、相手がのらりくらりとした返事なので、責任の所在をうやむやにし、このまま終わらせようとしているとしか思えません。

くろこだいるさんのお知らせをそのまま掲載させて戴きます。

こんにちは。お世話になっております。
自分の日記やブログにも書いていますが、ここでも書かせてください(笑)

数ヶ月前から近所を放浪している風体の首輪付ネコを保護したところ、マイクロチップが挿入されていることが判明しました。
じゃ、飼い猫だったんだ!と喜んで、その番号を市の動物指導センターへ連絡し、飼い主さんに連絡を取ってもらったところ、センターからの返事は「相手は自分はそんなネコ知らないと言っています、」で終わりでした・・・

じゃなぜその人の名前が登録されているのか?疑問に思わないのか?という点をセンターに伝えもう一度連絡してもらうと、今度は「相手は近所の人に頼まれて名前を貸しただけ、自分も相手もその場所からは引っ越してしまっている。相手の連絡先は不明だし名前も忘れた。」という事でした。

そして、その後、相手はセンターからの電話を着信拒否扱いにしてしまい、連絡不可能となったそうです。そして、センターはだから仕方ない、との答えでした・・・
それでいいの?と思い、今度は警察に相談してみましたが、警察の方も大筋はセンターと同じ対応で、どうやらそのネコは地域ネコ扱いで避妊手術助成を受けてその時マイクロチップももれなく挿入、という事らしいです。

飼い猫でなく、地域ネコならば自分で移動した可能性もあるし、遺棄したと判断できない、という事で、「では、依頼されて名前を貸しただけならその貸した先の相手を調べて状況を調べてください」と言っても、警察はそこまで必要性を感じていない、という事です。
遺棄かどうか、捜査する気はないとの事でした。

結局、本当に名義貸しなのかどうか?ははっきりしません(警察は本人じゃないみたい、とは言ってますが、相手方がちょいと問題がある人らしいという情報もあり・・・)
法律で遺棄罰金というのがあっても、結局はそれを実行する側はあまりやる気はないという現状のようですね~、非常に残念でございます。

遺棄ネコを証明するのは、本当に現行犯で捨てられた現場で犯人とその捨てたネコの双方を警察にもっていって初めて動く、でしか実行力はナシのようです。

あーマイクロチップ入っていても意味が半減ですよね~。
それにしても、名義貸しなんて責任が曖昧な状況で市の助成金(=税金)使ってていいものでしょうか?といって、削られちゃ困るけど~(苦笑)
と、とりあえずの報告と愚痴愚痴でした。失礼いたしました~。


マイクロチップって、他の自治体でも検討されていますし、静岡市は先駆けのような態度でいますが、一方では、獣医師会の独断的な治療費補助的な目的のための義務化とささやかれています。

確かに迷子になった時や、地域猫としてチップを入れた猫が処分を免れるという面では今までにも何度か恩恵に預かった事もありますが、遺棄防止、抑止という意味合いも大きいと思うのに、この態度はどうでしょうか?!

先日も県の動物愛護推進説明会で、殺処分を半減!と言っていたばかりなのに、この体たらくは如何なものでしょうか?!
というより、どんなに大事なことなのかさっぱり理解していないのでしょうか?!

くろこだいるさんが連絡し、所有者が判明した時点でのセンターの返事、
<相手は自分はそんなネコ知らないと言っています。

 (だから、ハイ終わり~!あんたが何とかしてね、その猫って感じ?!)

あきれ返る。。。
スポンサーサイト
くろこだいる
こんにちは~。
その後ですが、大きな進展はありません。
市の市役所に「動愛法に関する動物指導センターの対応に不満があるが、そういう場合はどこに相談すべきか?」と問い合わせましたが、
動物関係は動物指導センター以外では相談するところがありません、あしからず、という返事-_-;;
一応、県の動物指導センターの方にも二度ほどメールで連絡してますが、いずれも返事ナシ。
こっちも、市のセンターがそうならそうでしょ、そうしとけ、という事らしいですね~。
県の方はもうちょいやる気があると思っていましたが、残念です。
(まぁ、お忙しいとは思うけど)
市の動物指導センターの基本スタンツは「性善説」なので(爆)本人が「私が捨てたんじゃありません、私は知りません。」と言ってるのだからそれが事実で、疑う必要も調べる必要もナシという事みたいですね。
じゃ、自分で調べるから、とこっちから具体的に質問すると「個人情報だからうんたらかんたら」と拒否です。
何か、大事が起こって初めて動くのが日本の役所&警察の特技なのかもしれませんね~、ホント。
なので、公共施設のお皿捨てる人に対して、「地域ネコに関する連絡先」として、市の動物指導センターの電話番号を書いておいた私です(爆←いやがらせとも言う)
2008/11/25(火) 20:01:44 | URL | [ 編集]
ハッチー
くろこだいるさん
絶対このままじゃ終わらせませんよ!!!
獣医師会に話したらどうでしょうか。

これが通るなら、助成金とセットのマイクロチップを取りやめて欲しいです。
任意でいいではありませんか。
2008/11/25(火) 20:49:38 | URL | [ 編集]
クルルギ
 私も今年の夏に野良母さんの避妊手術を静岡市の病院でしてもらいましたが、マイクロチップをつけさせられました。
その時に飼い主の欄に名前がいるからと言われ私の名前を書かされました。
もちろん手術のあとは又離す事は話してあったのですが、ないとマイクロチップがつけられないからと言われました。
 何も連絡がいく事はありませんからと言っていましたが、その時の猫がくろこだいるさんの件の様にどこかで保護されてマイクロチップを調べたら、私の所に連絡がくるのでしょうね。
2008/11/26(水) 17:40:46 | URL | [ 編集]
くろこだいる
クルルギさん、はじめまして!
そうなんです。だから、最初にセンターが登録主に確認した時に、そういうケース「地域猫で避妊手術をした、そのネコが移動した可能性があるので、決して捨てたわけではありません。」という場合だったら、全く持って納得できます。
そしたら、では元のそのネコの住みなれている場所に戻すか、懐いてるから自分が飼いたいとか、里親を探す方向にしたい、とかいろいろ相談とかしたい、と思うのですよ。
しかし、センターはそういう事を理解してくれないのです。
登録者が違うならば、本来の責任者(?)をもうちょっと調べて、上記のような相談をする手助けをして欲しい、とも散々お願いしたのですが、「頼まれた人が知らないといってるからムリ」で終わりです。
しかも、本当にその登録主が本人なのか、名前を貸しただけなのか?という明確な結論もよこさず、「本人が言うからそうなんでしょう。」で終わりです。
でも、本当に名前を貸しただけだとしたら、役所の電話を着信拒否設定にしますか???そーいうところで、かえって怪しいと感じてしまうのですが。
今回は別に罰金刑に相手を課したい、とかいうのが本当の目的ではありません。
せっかくの法律で、遺棄に罰金刑があると定められた以上、疑いのあるケースだからきちんとこちらが納得いくように、役所や警察が調べて欲しいというのが一番の希望です。そして、そういう場合の対応をきちんとすぐとれるような体勢にして欲しい、啓蒙活動も行って欲しい、というのが本当の目的です。
私達がやってる地域ネコ活動でも、残念ながら事故で死亡した場合等でマイクトチップからこちらに連絡が来たことが数回ありますが、それなりに対応をしっかりしてますよ~。
少なくとも「私は名前を貸しただけで責任ありません。」といって、市に処理を任せるようなことはありません。
あくまで「遺棄疑い」」ですが、それが本当かそうでないか?調べて報告もらえばそれでよい、と当初は思ってましたが、それさえも出来ないというか、それ以前に調べようとしないお役所にムカつきます~
2008/11/26(水) 20:46:34 | URL | [ 編集]
ハッチー
市は、遺棄したかもしれない人、市からの電話を拒否する怪しい人をかばって、猫を拾い、持ち主に当たる人を調べて欲しい、いた所に返してあげたいと言っている人の言い分を無視しています。

これが如何に環境省の言う所の「動物愛護活動の推進」に逆らっているのかわからないのでしょうか?!
どう考えてもおかしいです。
2008/11/26(水) 21:46:55 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。