--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/01/19(木)
『ご近所の底力、野生動物との共存』
最近のチュパチュパガールズ
昨年の夏にミルクで育てて里子にやった子達です。大きくなりました~。
神奈川県アライグマ防除実施計画に対するパブコメ締め切り真近かです!
ところで、今日のNHK「ご近所の底力」で、野生猿、鹿、熊の撃退方をやっていました。
前に野良猫の対処で「地域猫」として付き合うというのを全国に知らしめて?くれた番組なので、期待しながら見ていました。
各々の動物の撃退法で成果を挙げている方法を、実践している全国の地域から選抜して放映していました。
駆除は問題外ですが、(まだその様な事をやっている自治体もあるけど)猿や鹿、熊に優しい撃退方をいろいろと示していました。
な~るほどと思える方法ばかりでしたが、何より最後のまとめが素晴らしかったです。
でも、根本的な対策にはなっていませんね」と・・・
根本原因は森や山に動物の食べ物がないという事、そこを問題にすべきです。動物と人が共存できる森や山を取り戻すことがいちばん重要で、ひいては人にとってもすみ易い環境を取り戻すことになる。
動物が住めない森や山だというのは人類に対する最大の警告で、SOSを発しているのですからそれに気付かなければいけません
餌がない、動物が住めない山を作ったのはとりもなおさず人間なのですからもちろん動物には罪はないのです。
最後に、熊が人里に下りてこない村を取り戻した広島の安芸太田町の例をあげていました。
20年前、ご多分に漏れずここも熊の駆除に、銃による殺処分をしていたそうです。
Kさんというの町役場の職員が、捕らえた子熊を撃たねばならなくなってその熊の目を見た時、自分の幼い子供のことが脳裏に浮かび、とても辛かった。
「熊に死刑執行した後、家に帰って自分の子を気持ちよく可愛がれる人間はいないですよね」
その思いが、その町で熊を殺さないで熊の被害を無くすプロジェクトを立ち上げる原動力になったそうです。
もう、おばちゃんは(私です)ウルウルしちゃいました。
その方法として、熊の大好物のシバグリを植林するという作戦でした。シバグリは建築資材としても、家の大黒柱に使えるほどの価値があり、ひいては村民の利益にも繋がると思い、根気良く村人を説得したそうです。
当時で8000万円かかると言われたそのプロジェクトは、説得が功を奏して村人の理解を得ることが出来ました。
そして今につながり、シバグリの実を食べる熊が、飢えることはもうありません。
20年が経過した今では、ボランティアぐるみで、森を守るという事が楽しみながら行われているそうです。

考えれば根本的な解決に通じる方法はいろいろあるはずです。
話は飛躍しますが、一連のラ○ブ○ア疑惑や、構造計算書偽装問題でやっきりしている毎日。
東大出た人でも、頭のいい人でもやってるのはこんな事。悲しくなりますね~。
日本って国は、頭のいい人は、金儲けしか考えていないのか、と思ってしまいます。その頭脳を使って、真に人類の未来のために役立てて欲しいですね~。
と、頭の悪い私は思いますが、森を蘇らせるプロジェクトを国をあげてやったら、賛同する人は多いと思うし、そこに税金を費やすんだったら賛成し、又募金するよって人も多いと思います。
だってそれは、未来に続くいちばん大事な事だからです。
スポンサーサイト
kanako
ハッチーさん、この記事、素晴らしいです!
読んでて、私もうるうるしちゃいました。。。

2006/01/20(金) 01:41:19 | URL | [ 編集]
厩務員
ブログの引越しで、PC無知の私は未だ悪戦苦闘中です。 NHK見ない私としても思わず見なきゃ!と思うような内容ですね。こんな良い事報道してくれるなら、受信料又払ってNHKも見る事にしようかな?
 私の住む裏山は熊出没注意の看板が一杯です。 山は針葉樹林ばかりで広葉樹が少なく餌となる木の実が少ないのです。
 人間の癒しの為に作られた自然?は整備され綺麗に整っているのですが、、、野生動物の住処は狭まっているのでしょうね。
2006/01/20(金) 14:07:04 | URL | [ 編集]
ハッチー
kanakoさん
良い話でしょう?!
こんな風に、長いスパンで、でも的確に動物との共存を考えてくれるとうれしいですね。
しかし、アライグマの方は、いろいろ考えて頭を抱えちゃっています。
本当に難しい問題ですね~。
2006/01/21(土) 02:37:42 | URL | [ 編集]
ハッチー
厩務員さん
ドキュメント、NHK結構いいですよ。
先日来では、アウシュビッツの特集がかなり良かったです。
そうなんですよね。
針葉樹だと、地面に太陽の光が届かなくて、死んだ森になってしまうんです。
なので、収穫もない森になってしまうそうです。
一時期多数植えられた杉などは花粉症の原因にもなってますしね。
未来を見据えた、動植物に優しい植林が望まれますね。
2006/01/21(土) 02:44:08 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。