--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2009/03/03(火)
『番組』
一昨日TV放映された、「夢の扉」観ました。
ロサンゼルスのアニマルポリスの活躍ぶりを放送。ロサンゼルスでも特に治安の悪い南部でアニマルポリスとして活躍している組織SEAACA(セアカ)のキャプテン、アーロンさんの活動振りを追っていました。犬や猫を虐待しているとタレこみがあればそこに行って調査してすぐに逮捕していました。
日本じゃあ考えられませんね。

アーロンさんは言っていました。「先進国の日本に同様な機関がないなんて信じられない」と。

あまり多くの人が見るわけじゃないこんなブログにも、たまにひどい書き込みをされます。
外で暮らしている猫に餌をやる奴は死ね!みたいな。糞をする猫にどんなに迷惑しているか解らないのか、とか。そんなものに餌は必要ない、飢え死にしていなくなればいいのにとか。

そういうことを堂々と言っても、何とも思われない、又は当然と思われるこの国ってなんなんだろうと、思うけど。
そんな人ばかりだったら恐い世の中ですよ。

好き嫌い別にして猫のこと語らせたら、その人の人間性がでるのかも知れません。

その日の22:00から放映された、「ひとりと一匹たち 多摩川の河川敷の物語」は、ホームレスのおじさんと捨てられた猫たちのひっそりとした暮らしを追っていました。弱者どおしで肩寄せあってなるべく人に迷惑をかけない様にとつつましい生活をしていました。おじさん曰く、「一度は死のうとした事がある、そんな人間ばかりさ」と・・・。

心優しいおじさんばかりでした。家族を失い、犬や猫だけが彼らの悲しみや喜びをわかってくれる。挫折があったからこそ、犬や猫の優しさが身に染みるのでしょう。

反対に優しすぎるから、そこに来てしまったのかもしれません。

河川敷で写真を撮り続けている小西さんと奥様が、襲撃されて殺されたホームレスや、捨てられ病気になって人知れず死んでいく猫たちが「ここで精いっぱい生きてたこと」を知って欲しいと涙ながらに語っていました。
今日も小西さんは彼らの写真を撮り、不幸な猫たちの世話をして、彼らの生きた証を残しています。

胸がギュッと痛くなる番組でした。
スポンサーサイト
ねこまんま
夢の扉は見損ねました。。。再放送は無いのでしょうか?
先進国って何を指していうのか疑問に思うことがあります。
社会の成熟度を基準にしたら、どうなのでしょうね?日本。。。

多摩川のおじさんと猫達は
やるせない切ない気持ちでいっぱいになりました。
あのおじさんや猫達がひっそりと生きているすぐ側では
テニスやバーベキューをする家族連れが
楽しい休日を過ごしたりしているのでしょうね。
(今は河川敷ではそういう施設は無いのでしょうか?)
それをどう感じるかは人それぞれですが
知っておくべき事だと思いました。
2009/03/04(水) 03:01:56 | URL | [ 編集]
厩務員
夢の扉~日本にアニマルポリスが出来たら良いのにと思いますが、その際、虐待の定義ー何処からが虐待なのかと言う線引きを明確にして周知して置かないとけないのかも知れませんね。
「ひとりと1匹たち」は猫の事主体の映像ではないので仕方ないのですが、猫達は何故多摩川で生きなければならないのか、その辺をもっと追及して欲しかったし、この映像を見て多摩川なら世話をする人が居るから~と新たに捨てて行くやからが出てこないかと心配になってしまいました。 でも、問題提起、気にも留めてなかった人達に知って貰っただけでも意義のある番組だったと思います。
2009/03/04(水) 07:20:01 | URL | [ 編集]
通りすがりの猫
ねこまんま さま

横レス申し訳ありません

http://www.youtube.com/watch?v=E5AM6Jn-7zs&eurl=http://tansoku-devil.jugem.jp/&feature=player_embedded

アニマルポリス YOUTUBEに上がっています
2009/03/04(水) 08:19:44 | URL | [ 編集]
あまね
私も両番組ともしっかりと観ました
先日も友達のブログで、譲渡した兄弟猫を、走っている車から投げ捨てた。。。という報告があり、これがロサンゼルスなら即逮捕なのに・・・と思ってしまいました。。
技術が発達し、物があふれ、暮らしが豊かなのが先進国なのでしょうか?心の発達だけが取り残されてしまっているような気がします

多摩川河川敷で、ひっそりと死んでしまったチャアカの亡骸が映し出された時は胸が締め付けられる思いでした
全国にあんな風に死んでいく猫達は、一体どれほどなんでしょうか
河川敷なら猫達も生きていけると思って捨てる。。。とありましたが、何故そう思うのでしょうか?
何処に捨てたって、捨てた時点でその子には死が近づく事になるのに
たくさんの人が観て、何かを感じてくれたことを願うばかりですね
2009/03/04(水) 08:20:04 | URL | [ 編集]
ゆっこちゃん
ほんとの心の痛みをわかっていない奴ほどなんだかんだと勝手な五択を並べたがるものです。
お互いに寄り添う相手もいない方なのかもしれないですね。悲しい。

昨日は大雪!
4ワンと一緒にぬくぬく寝んこしました。この子達の温かさ、寝息全てが糧になっています。 私は幸せです!!
2009/03/04(水) 09:14:49 | URL | [ 編集]
ねこまんま
>通りすがりの猫さん
ありがとうございます!おかげ様で見ることができました☆
アニマルポリス、いつか日本にできるでしょうか。。。
2009/03/04(水) 23:48:31 | URL | [ 編集]
ハッチー
皆様
コメントありがとうございます。
両方とも、弱い者に温かい優しい目をもっているか?ということがテーマだと思います。
そういう目がなくなったら人間止めたいです。
そういう人が多いですが。。。
2009/03/05(木) 23:23:24 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。