--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/02/08(水)
『またもや、「モンキードック作戦」』
先日、静岡でサルの被害を防止するために「犬猿の仲作戦」をスタートさせると言うニュースをブログにアップしましたが、徳島でも全く同じ作戦を計画しているようです。もっとも元は長野県大町の成功例を真似ているのですが、全国的な流れになるのかな~?と思います。

犬放し飼いでサル撃退 徳島市で鳥獣被害防止フォーラム 
中山間地域で深刻化する野生鳥獣類による農作物への被害を防ごうと、「鳥獣被害防止対策フォーラム」(徳島県主催)が七日、徳島市内の徳島プリンスホテルであった。「犬猿の仲」を利用してサルの撃退に成果を挙げている長野県大町市のユニークな取り組み「モンキードッグ事業」などが紹介され、注目を集めた。
私はモンキードックの素質ゼロです~!

 モンキードッグ事業は大町市が本年度からスタートさせた。農家の飼い犬を長野県警の警察犬訓練所に送り込み、サルを追い払うよう、三カ月間にわたって特訓。サルが出没する時期を中心に、放し飼いにしておく。十五万円程度の訓練費は市が全額負担する。

 事業の命名もした飯嶋大治・大町市農林水産課主任が、取り組んだ背景や訓練方法などを説明。「モンキードッグがいる集落では、一カ月半でサルがほとんど現れなくなった」と効果を強調した。その一方で「モンキードッグのいない集落では、出没が倍増したケースもあった」と指摘。地域全体での導入が必要だと話した。

 フォーラムには、徳島県内の市町村やJAの担当者ら約百二十人が参加。島根県中山間地域研究センターの小寺祐二特別研究員による講演「野生鳥獣による農作物被害とその対策」もあった。
                      (徳島新聞より抜粋)

結局追い払ったサルは別の地域に移動する訳ですし、根本的な解決にはならないように思えますが、それより飢える事無く減らせるにはどうしたら良いのかを考えてほしいですね。
つまりはネコと一緒で、何事も人間が招いた結果なのですから。
スポンサーサイト
もまま
拙い、ブログへお越し下さりありがとうございました。

モンキードッグの記事を読み、あきれ返りました。
人間の傲慢さをまざまざと見せつけてますね、元は人間のしたとこなのに
いつでも弱者の立場の動物達が犠牲になるのはいい加減で止めて欲しいものです
2006/02/09(木) 10:20:06 | URL | [ 編集]
ハッチー
ワンニャんハウスのもままさま、
ご近所さんにお引越しされたのですか?!
え、前からですか?
そうだったら気づきませんですみませんでした。
追っ払うだけじゃ解決にはならないと思うのですが、本当に難しい問題ですね。
2006/02/09(木) 19:34:34 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。