--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/02/19(日)
『餌やり現場2箇所』
今日は友人とT町の餌やり現場に行きました。
ここは4年前から、引っ越した知人の餌やり現場としてサークル全体で引き継いだ所。元からいた4匹の、不妊済みの猫たちの給餌を地元の方に託してあります。
そこに月一でフードを届けているのです。とてものどかな、空き地も多いところで飼い猫であっても外を自由に闊歩しているような場所。それが許される場所でもあるようです。
そんな場所なので、4匹分として渡しているフードも、置きっ放しにしていると、近所の飼い猫が何匹か食べにきて、元々の野良さん達の分が足りなくなっているようなので、ちょっと警告をさせてもらいました。
置き餌はしないで、4匹が食べたらお皿をさげてくださいねと。
餌をやってくれてる方々がとても良い方で重々解ってくれました。
元の4匹が生を終えたら、餌やりさんも高齢なので、完全撤退したいのです。
動物指導センターの啓発看板
その後、草薙神社の餌やりさんのHさんご夫婦に拾ってもらって、餌やり現場に行きました。
そこに立てられていた、センターの看板がこれです。
Hさんが餌やりに行く時間は毎日夜中の1~2時という事ですので、だめ元かもしれないけど、指導も兼ねて捕獲器をかけてみようという話になったのです。
あの時7匹と聞いていたのですが、その後捨てられたのか、4匹くらい増えているそうです
今までに4匹の手術が無事終わりました。
でもHさんの話では怪我をしているのか、びっこを引いている中猫もいるそうで、増えたというのと共に心配になっていました。
夕方の4時半頃だったので出て来ないかなと思ったけど、3、4匹の猫たちがかなり急な山の斜面から出てきました。
意外に状態も良く可愛い子ばかりでしたが、確かに足が悪くびっこを引いてる子がいました。
そしてお腹が空いていたのか、唐揚げをつけて仕掛けた捕獲器にいとも簡単に、茶トラの若い猫が1匹かかってしまいました。
捕獲器初体験のHさんご夫婦もこれにはビックリです。
これでHさんも、自信がなかった捕獲器使用に自信が持てたと思いますので、以後の進展が大いに望めるところです。
こんな風に、草薙は着々と進んでいます
スポンサーサイト
厩務員
「餌をやらないで、」の看板から比べると、かなり良いですね。羨ましいです~!
只、看板の設置は逆効果も有り得るので,パトロール,地域住民の監視協力も必須なんですよね。 お山の公園も人懐こい新入りが後を絶ちません、捨て猫メジャー地域なんでしょうかね?
2006/02/20(月) 06:49:29 | URL | [ 編集]
ハッチー
そうなんですね。
看板というかもうモラルですね~。
一人一人の・・・

意識の向上を願うばかりですね。
捨てる人は本当にモラルがなく、心ある人に
迷惑をかけていることを何とも思っていませんね。
ひどいことだと思います。
田舎に行くほど、捨てることを悪だとは思っていない
ようです。
昨日聞いた話は、子猫が生まれると熱湯をかけて殺す
と平気で言ってた人がいて、事実何度もそうしていたんですが、
昨年交通事故にあって体が不自由になったそうです。
罰が当たったってみんなが言ってるそうですが、そんな人もいるほどです。

2006/02/20(月) 23:23:17 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。