--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2005/10/09(日)
『猫が人間の足を食いちぎるって?!』
どうしても本当と思えない、この記事。
猫って臭いで食べ物を食べる習性がありますよね。
変な臭いのもの、食べつけない臭いの物は口にしないと思います。
遊びで噛むというのはありますけど…
噛む、齧るくらいはするとしても、口の中に入れて咀嚼して食べると言うのがどうしても信じられないのです。

おばあさんはもちろんお気の毒ですが、この施設の管理はどうなっていたのでしょう。
猫が入ってきて、百歩譲って指をほとんど食べたとしても、ある程度の時間はかかったはず。その間見回りはされなかったのでしょうか?!

猫は捕獲されたそうですから、即殺処分は免れないでしょう
殺処分したのでしたら、その後解剖して胃の内容物を確かめるでしょうか。是非そこまでやって報告して欲しいですよね。

この事件で、世間のノラ猫さん達にたいする風当たりがよりいっそう悪くなるのがたいへん心配です。
やっぱりノラ猫は何するかわからない、怖いって言う人が絶対増えると思うし、猫を飼った事がなくて猫嫌いな人は容易に信じる事でしょう。

何はともあれ、かなりショッキングなニュースでした。

写真はちびっ子ギャング、ムーン。20051009231444.jpg

スポンサーサイト
エム
猫が人間の足をかみ切るなんて。しかも5本とも。
2005/10/09(日) 23:32:45 | URL | [ 編集]
厩務員
どうしても信じられません。 ハッチーさんの仰るように、その猫がやったという事を立証して欲しいものですね。  濡れ衣ならとんでもない事です。 足の指を喰いちぎる程の力が猫に有るのでしょうか?
2005/10/10(月) 00:07:37 | URL | [ 編集]
くろこだいる
あくまで個人的な推測ですが、これって元々はラット(ドブネズミ)かなんかの方が可能性は高そうな気がします。
ラットが齧って、そのネズミに興味を示したネコが侵入し、そして血にも興味があったので舐めてみた・・・っていうところではないのでしょうか~?
ラットなら人間の指噛み千切るのも可能ですが、ネコはあんまりそこまでやって食べる事に執着しないような気がしますが。
2005/10/10(月) 09:56:32 | URL | [ 編集]
ハッチー
みなさんもそう思いますよね。
猫を飼っているものなら、信じられませんよね。
くろこだいるさんがおっしゃるのは可能性大だと思います。
指を食べたネズミを襲ったというのも考えられるし、濡れ衣だったら憤慨ですね。

その後の経過はどうなってるんでしょうか?!
どうしても納得いかないんですけどね。
って言っても多分たかが猫のことって言われるのが、関の山・・・ですね~。
2005/10/10(月) 19:47:27 | URL | [ 編集]
かつ
わたしも第一報を見て、まず、他の猫たちへの虐待が増えそうで心配になり、それから片足の指全部と聞いて「ありえるのか?」と非常に不思議になりました。

一本ならまだありえるかもしれないけど、そんなに辛抱強くもないですよね。他においしそうなものだって盗めそうじゃないですか・・・。

ネコとは関係ない友達も友人達とネコとは思えないと話しているそうです。

ラットか~。
ネコじゃないという事実が出てきて欲しい。
じゃなくても、ちゃんと調べて欲しい!
私も納得いかないっすよ。
2005/10/11(火) 13:21:42 | URL | [ 編集]
ハッチー
今日ワイドショーでやってました。
専門家がありえないと言ってましたが、死体の監察官、専門家が足指が壊死してたら、干物の様な臭いがするからあり得ると言ってました。
で問題は、猫が発見されたのが、事件後1時間経ってたって事です。1時間前に舐めた血を猫がそのままにしておく筈がないと私は思います。
きれい好きな猫がですよ~?!
そこの所を指摘した人がいないのも不思議でした。
この猫は保健所にまだいるそうです。
テリー伊藤氏のみ、解剖してみなきゃダメって言ってました。
でも数日置かなきゃならないって決まってますねって言って、でも事が事ですから早くしなきゃって。
私は思ったんだけど、解剖しなくても糞を調べたっていいんじゃないかと。
そこまで警察はやっているんですかね。
それより何より、この施設の管理体制の方が問題ですよね。
2005/10/11(火) 23:11:05 | URL | [ 編集]
厩務員
ニャンコメールのコピーです。
●「猫が犯人」とは、警察は言っていない!!!

本日(10/11)、加須警察署に電話し話を伺う。
(その結果は、以下の通り。)

「猫が犯人とは言っていない、それは、マスメディアが勝手につくった話。
警察も迷惑している。」

警察の認識は、人間以外の原因(動物)。
足跡も確認したが、それが猫とは言っていないとのこと。

●捕獲された猫は、どうなっているか?!

猫は現在、警察から「動物管理センター春日部支所」へ。
ここで、今後の処遇を検討中とのこと。
(春日部支所、048-735-2451)

春日部支所では、殺処分の中止を求める声が、多数寄せられている。
また里親の申し出も、複数寄せられているとのこと。

        ーーーーーーーー

●警察では、「猫が犯人」をメディアが勝手に流したことについて大変立腹。
意見や抗議は警察ではなく、テレビや新聞社にして下さいとのこと。

加須保健所では、猫を捕獲したことについて、
本来、猫の捕獲はできないことだが、再発防止の特別な措置として、
警察やホームからの依頼を受け実行した。
しかし、ただ檻を置いただけで、翌日かかった猫は警察に任せたとのこと。

質問1。
・ 口の周りや体に、血痕はあったか?
保健所は、檻の外から見た限りでは確認できなかったとのこと。
(つまり、血痕は見られなかったとのこと。)

質問2。
・ 網戸に、進入の穴が開いていたと言うことだが?
警察は、特に調べていないとのこと。

●動物管理センター(春日部支所)では、
猫を警察から引取ったのは、通常の業務との説明。

それについて、
引取ったことは正当な業務で、ここまでの対応には感謝している。
しかし、今後の猫の処遇を通常の業務として処分するのなら、
問題があると話す。(以下、内容。)

・ まず、始動時の捕獲は、通常の業務とは違う、
特別な対応であったこと。
・ 次ぎに、猫が犯人とは警察が言っていないこと。
つまり、確認されていないこと。
・ 今回の事件は、前代未聞で猫がやっとは考えにくいこと。
(もっと、可能性の高い野生動物がいる。)
・ 殺処分は、「猫が犯人」という認識を、
定着してしまう恐れがあること。
・ この「猫が犯人」という認識は、社会に与える影響が大きいこと。
(猫に対する誤解を生み、猫を危険視する風潮を生む恐れがある。
それは野良猫の保護活動などにも、大きな障害となりうる。)

これらの理由から、譲渡の方向に検討頂くことを強くお願いする。
(今後の処遇は、一週間後に確認の電話を入れるとして話を終える。)

●特別養護老人ホームでは、
メディアには、状況を説明しただけで「猫が犯人」とは言っていないとのこと。
また、そのような認識も持っていないとのこと。
(以下、状況。)

・ 中庭に、2週間前から猫が居た。
・ 中庭は、建物に囲まれ、その中通らないと外に出られない。
(従って、猫は2週間なにも食べていないことになる。)
・ 網戸は、以前から穴が開いていた。
(ほころびていた。)

いずれにしても、
中庭に閉じ込められ、2週間なにも食べられない猫が居て、
建物の中には、寝たきりの老人が居るという状況はごく特殊な状況。
この状況自体大きな問題であり、疑われた猫に問題があるのではなく、
それがどんな動物であれ、ホーム側の大きな手落ちであり、
すべての責任があるということ。

従って、一般にはありえなない猫への誤解を与え、
大きな波紋を広げたことを、「すみません」と謝罪。

以上、正しい事実関係他を報告いたします。

        ーーーーーーーー

余談ですが、センター職員の方は、
「個人的な話ですが、こういうときだけ、なんで言ってくるんですかね。
普段、沢山の犬猫が処分されているのに、
誰も、引取ろうとしないのは疑問ですね。」

私、
「こういう時だけでも行動することで、
保護活動のきっかけになって頂ければ良いことと思いますよ。
すでに保護活動をしている方や愛護団体は、
保護した動物であふれていて引取り不可能ですし、
年間、40万頭以上に及ぶ犬猫を引取ること自体無理ですよ。

だからと言って、何もしないのでは何も救えないから、
私自身は、自分が出会った動物、目の前に居る動物、
こういう形で知った動物を救うだけです。」

最後に、犬猫問題の本質は、「ペットの垂れ流し」、
つまり、野放しな商売にあること。
命を取り扱うのは、本来「許可制」であるべき。
私たちは、そのための「法改正」を頑張るから、
そちらは、譲渡の方向での検討をよろしくお願いしますと、
話しを終えました。

どうぞこの事件について、
話題にされている方や、戸惑われている方に、
正しい事実関係として、お知らせ下さい。



*****************************
野良猫保護・管理ボランティア

瀬川   努
MAIL: classis@m13.alpha-net.ne.jp
2005/10/12(水) 13:06:38 | URL | [ 編集]
ハッチー
ですね~!
厩務員さんありがとうございます。

面白おかしくて、視聴率が取れればいいんですよね。
のらねこに対する影響なんて考えちゃいないです・・・
取り合えず、きちんと調べて、訂正&謝罪をしてもらいたいですね。
冤罪だったって。
それ以前にメディアの勇み足だってメディアで言って欲しいけどウヤムヤになっちゃうでしょうね~。
で、施設の管理についてはあまりいわれなのが不思議です。

2005/10/12(水) 22:45:55 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
埼玉県北埼玉郡の特別養護老人ホームで6日、就寝中の認知症の女性(88)が猫に右足の指を食いちぎられたとされた事故について、NPO法人「アニマル・サポート・メイト」(さいたま市、野田静枝代表理事)や動物愛護団体など計5団体が12日、県警加須署や
2005/10/14(金) 21:55:21 | *猫・犬日和・・・*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。