--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/03/01(水)
『卒業式』
<人里被害「お尋ね猿」11匹 軽井沢 駆除を申請へ>
詳しくはこちら。 
11匹は1匹ずつ「識別票」が作られたそうですが、「額に黒い筋、比較的体毛が長い」「まゆの上が白い。鼻の下も白っぽい」といった体の特徴や「群れの中で単独のことが多い」「先頭集団にいることが多い」などの行動特徴、「農地出没の常習犯」「人家の庭や屋根へ侵入することが多い」といった経歴が記されているそうです。
写真と特徴を書いたのだけでおサル君間違えられないのでしょうか?!
誤捕獲はないのでしょうか?! ってその前に『駆除』なんて、ゴキブリ並みのいやな言葉ですね。
意外に近所にあたしのファンが多いのよ~

ところで今日は娘の高校の卒業式でした。
 ポチッとひとつお願いします♪
冷たい小雨が振り出し、体育館は冷えることこの上なしで・・・
数々の祝辞などの中で心に残ったのは卒業生代表の言葉。
「人間万事塞翁が馬」中国の古い言葉です。
人間と言うのは世間ということで、塞(とりで)に住む翁(老人)の馬が逃げ出したので、皆が哀れんだところ、「それが良い事につながるかも」と翁は言い、現に逃げた馬が多数の馬を連れて帰ってきた。喜んだ近隣の人に、翁は「それが禍につながるかも」と言った。
その通りそれに乗った息子が落馬して骨折をした。でもそのお陰で兵役につかなくて済んで、戦で命を落とすこともなかった。
要するに、辛い出来事が良い結果を生み出すこともあるし、その逆も又真なりと言うことですね。
ふ~む、メモメモ!(笑)ものは考えようと言うことですが、そう考えれば試練もまた乗り越えられると言うものです。
な~んて試練なんてないのですが、今後のために心に留めておこう・・・
(もちろん犬猫救済活動に行き詰まった時のため)
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。