--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/04/09(日)
『「地域猫」神戸と明石、そして長野』
<「地域猫」と共生を図る  神戸と明石で試み>
飼い主のいない野良猫を地域で暮らす「地域猫」ととらえ、住民との共生を図る考え方が注目を集めている。野良猫には「公園の砂場や自宅の庭にふんや小便をする」「鳴き声がうるさい」-などの苦情が多いが、元をたどれば飼い猫を捨てる人が絶えないのが原因。そこで、地域住民が問題解決へ避妊や去勢手術をし、餌を適度に与え、食べ残しやふんを清掃するなどの事例が増えてきた。活動支援に乗り出す自治体もある。(明石総局 坂本 勝、後藤亮平)
 明石市西部の幹線道路沿いの住宅街。かごで運ばれた猫六匹が放された。猫は少し戸惑った後、一目散に走り去った。
 飼い主のいない猫をボランティアで世話している正木慶(けい)子(こ)さん(61)=同市魚住町=ら。
 公園などにいる猫を神戸などの獣医師の所へ運んで避妊、去勢手術し、元に戻す活動を続ける。ごみをあさらないよう餌をやり、生まれて間もない野良猫の飼い主も捜す。「捨て猫の約九割は生後間もない子猫。餌が不十分で、寿命は飼い猫の半分以下」と正木さん。
 同市内の別の公園でも、同様に猫を世話するボランティアの女性がいる。この公園では一昨年、人目に付かない場所で、口や鼻から血を流して息絶えた子猫が見つかった。男子中学生数人が捨て猫を、棒でたたき続け死なせたらしい。この女性は「動物を物のように捨てる大人から、子どもは何を感じるか」と憤る。
 神戸市は、二〇〇五年度から「地域猫モデル地区事業」として、野良猫と地域の共生を目指す活動を支援。啓発看板の製作費や避妊去勢手術費などの一部を助成する。
 初年度は三団体が指定を受けた。その一つ、同市中央区の雲中地区の地域婦人会が中心になって設立した特定非営利活動法人(NPO法人)「輝(かがやき)うんちゅう」は、住民向け講習会など広報活動にも力を入れる。副理事長の岡田ミチ子さん(73)は「飼い主のいない猫の問題は、地域全体で考えるべき」と訴える。

       神戸新聞WEBニュースより4/8。

最近長野県でも地域猫活動がたいへんうまく行っているそうです。
街の野良猫を地域住民が共同で世話をし、トラブルを防ぐ「地域猫」の取り組みに県が力を入れている。
「信州コムキャット」と名付け、避妊・去勢手術費用の全額を負担するなど全面的に支援。松本市のモデル地区では この4年間に、野良猫が6分の1に減るなど成果を上げている。(伊藤景子) 「チャイクロ、プーちゃん、ご飯だよ」。
 2月ある日の昼、同市内の公園。ボランティアグループ「ねこの会」事務局長の山田敏子さん(52)が植え込みに向かって声をかけると、黒とまだら模様の猫2匹がのそり、と姿を現した。
 植え込みの陰に、ベニヤ板と鉄パイプで作ったえさ場があり、山田さんは袋からキャットフードを取り出して皿に、水筒の湯を鉢に入れる。
 2匹が順番に食べ終わるのを待って、食べ残しを袋に入れ、アルコール綿で皿を丁寧にぬぐう。
カラスやハトが寄ってくるのを防ぐためだ。ついでに、周辺のごみや散歩の犬が残していった糞(ふん)も拾って帰る。
 午前6時、正午、午後6時の一日3回、3カ所のえさ場を会員が交代で回る。「世話をする人間がルールとマナーを徹底して守れるかどうかが地域猫成否の分かれ目」と山田さん。地域猫を始めるにあたって、地元自治会と何度も話し合いを持った。今では「以前より公園がきれいになった」と評価されている。
(以下省略)
              asahi.com:マイタウン長野

長野の記事は以前静岡の指導センター所長に送信しちゃいました。
6月に開く捨猫写真展のことも添えてご参考までにって。
所長さんからすぐお返事があって、新宿と磯子区に視察に行ったので、報告をかねてお話したいとの事でした。写真展の日程も教えて欲しいと。
静岡でも地域猫活動が推し進められるよう何とかしたいと切に思います。
 ポチッとひとつ応援お願いします♪
ところで、身重の野良猫を捕獲しては可哀想と産ませてしまっていた草薙神社餌やりのHさんですが、先日も身重猫を草薙神社から連れ帰ったそうで、「お願いだから(可哀想だけど)終わりにして」と言ったら、もちろんそうしますと。
やっと解ってくれたと思いました。今までの18匹の新生児のうち、良い里親さんが決まったのが11匹。
後の7匹の子猫も半数は多分決定する予定です。もう少しです。草薙神社の猫も、あれから捨てられたり流れてきたりで、多数捕獲し、あと4匹になりつつあります。
スポンサーサイト
るん
嬉しい記事が沢山で、涙が出そうです。
念願の野良猫がいなくなる日も夢ではなくなって来たのでしょうか。
 
その反面、「棒で叩きつけて子猫を殺した中学生」のくだりには
別の涙が出てきます。
動物を虐待する人は許せない!!なぜまだ中学の子がそんな事を?
地球の将来はどうなるのでしょう・・・・。
この子達がこの事を心から悔いる日が来る事を祈ります。

草薙の子猫さんたちも順調に里子に行けるようでほっとしました。
2006/04/09(日) 01:37:18 | URL | [ 編集]
ハッチー
るんさん
中学生の虐待については私もぞっとしました。
そういう子は厳罰に処した方が、子供のためにも
なると思います。
何にしても、それを作り出しているのは親ですからね。
どんな育児をしてきたのか???
未来が思いやられますね~。
2006/04/09(日) 23:10:09 | URL | [ 編集]
さくら
草薙神社の猫ちゃん、里親さんが決まってきているのですね。
よかった~(^^)
私も新顔さんを迎えたいのですが、家族が賛成してくれなくて。
お役に立てなくて残念です。
ほかの子たちの話もまとまりますように…。

Hさんも、いろいろせつない思いをされたのでしょうね。
1匹でも多くの猫ちゃんたちが幸せになれるよう祈っています。
2006/04/10(月) 00:07:38 | URL | [ 編集]
ハッチー
さくらさん
ご心配頂きありがとうございます。
着々と決まってきましたよ。
でもまだ予約中で、母猫と一緒にいる子が多いのですが。

Hさんはやさし過ぎるんですね~。
本当に猫が好きな方です。
2006/04/10(月) 22:24:35 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/06/20(水) 22:06:31 | | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
地域猫地域猫(ちいきねこ)とは、特定の所有権|所有者(飼い主)がいない猫で、かつその猫が住みつく地域の猫好きな複数の住民たちの協力によって世話され、また管理されている猫のこと。この中には、特定個人や不特定多数によって、ただ給餌されるだけの
2007/09/30(日) 06:47:57 | まいの記録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。