--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/04/10(月)
『沖縄三村の試み』
沖縄本島では、飼い主の身勝手で捨てられた猫が、ヤンバルクイナなどの希少種動物を襲ったりしています。
国頭、大宜味、東の三村は北部での捨て猫対策に本腰を入れ、飼い猫にマイクロチップを埋め込むほか、捨て猫が増えるのを防ぐための避妊・去勢手術などを義務付ける「ねこ適正飼養条例」(仮称)の制定を急いでいるそうです。(早ければ、九月議会で制定)

条例によって、飼い主の氏名が記録されるチップが義務化されると、無責任に捨てた場合、氏名公表の罰則などがあるので、捨て猫の歯止めになると期待されているそうです。
国頭村安田区は一昨年から、飼養規則を制定し、区挙げて捨て猫の防止に取り組んできました。区民の地道な動物愛護の運動が、隣り合う行政の連携を深めさせ、北部全体に浸透しつつある様です。
北部では、行政や県獣医師会、ボランティアなどのほか学校現場で捨て猫防止キャンペーンを展開しているとの事。
面白い顔のシーサーby竹富島

まだ県全体ではなく三村のみですが、条例制定への取り組みは素晴らしいです。飼い主のモラルを高めるためにも、今後は全県レベルの条例を検討することが必要ですが、希少動物を守るという名目があったためか、思いのほか進んでいる沖縄の対応、ちょっと意外でした~。
もちろんボランティアさんたちの努力の賜物と思います。
私の横で寝る、態度がでかいまりちゃん。

東京、神奈川、神戸、長野、そして沖縄。無駄な命を出さない為の対応がどんどん全国に広がっています!
先日の北九州のような、時代遅れで非人道的な見解は許されない時代になってきている気がします。というか、なって欲しい・・・
 ポチッとひとつ応援お願いします♪
スポンサーサイト
厩務員
日本各地でそういう動きが有ると良いですね。 静岡は先駆者には成り得ないけど、遅れない無い様に追従する事くらいはするでしょうから。。。他力本願?
2006/04/11(火) 16:48:37 | URL | [ 編集]
ハッチー
まさにそういう県ですね~。
住んでる人にしかわかりませんよね。v-8
2006/04/11(火) 19:12:17 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。