--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/06/01(木)
『動物指導センターに・・・』
お力お願いします。富士見公園に皆様のお力を!
是非見に来てください!!写真展のバナーのリンクもお願いいたします。

今日はサークル仲間のMさんと、草薙神社の餌やりのHさんご夫婦と、静岡市動物指導センターに行ってきました。(HPかなりダサいです、進歩ないです(笑))
写真展のポスターを置かせていただくことと、写真展前にセンターでの地域猫計画の推進具合をお聞きしたかったのです。
O所長とは何度もお電話で話したり、実際にお会いしてお話させて頂いているのですが、今日もざっくばらんにいろんなお話を伺いました。
2時半に伺って、5時近くまでお話してきました。そして何と帰りは中心街まで所長自ら車で送ってくださいました。
所長が常々前向きな意見を言っていた、いわゆる地域猫活動の推進ぐあいは思ったより進んでいるみたいでうれしく思いました。
何箇所かの現場で良い結果が得られているみたいです。まだ声かけしただけという現場もあるようですが、問題になっている現場にセンター自ら、「善意の餌やりさん、ご苦労様です。。。」で始まるたいへん好意的でやさしい立て看板を設置することから始まるのです。
それで連絡してきた餌やりさん達に、各々ではありますが、多人数だった場合は連携を呼びかけ、不妊手術も併せて考えていくよう促す。
所長曰く、多人数だった場合に、連携と言うのがすごく難しく苦労するそうです。あと、自治会にも出向いて猫の命を守る話し合いをしているようで、わかってもらえるまで何度も何度も行くそうです。
遺棄、虐待の看板設置(罰金も上がったことですし)についての要請や、動物愛護推進員とまではいかなくても、ボランティアを募ったり、またセンター側から私たちボランティアと協力体制を取って欲しい旨話させていただきました。動物指導センターの啓発看板
この看板は、去年草薙事件時に立ててくれたもので、もちろん今も立っています。 
狂犬病予注時のリング添付についてはあまり乗り気ではないようでした。(この件については来年をターゲットにしたいです。)
環境省の「収容動物データ検索」についても、やってる時間がないとの事。結局、リングについてもですが、人員の確保が難しいようです。そうだったら、ボランティアの育成、協力を得ればいいのにと思いました。データの方などには信頼関係さえ得られれば委託しても良いのではないのでしょうか?ってそれが不可能な仕組みか決まりになっているのかもしれませんが、静岡に関わらず、他地域の参画も本当に少ないです。期待してのスタートだったのに、アレアレ~という感じですね。
各地域の現場についての興味深いお話もいろいろして頂きました。正直な心情も吐露してくださったと思いますし、帰りの車の中では生い立ちやご家庭の様子まで話してくださって(笑)
内情も良くわかりましたし、悪代官?の様に思っていた職員のM氏についても実際お腹の中はそうではなく、地域猫活動に真摯に取り組んでくださっている事もわかりました。
何より、いつも所長にざっくばらんに相談できると言うのは何よりです。所長が赴任期間中に静岡の地域猫活動を少しでも実りあるものにしたいと思います。
 ありがとうございます。今日もポチッとひとつ応援お願いします♪
スポンサーサイト
Ken
地域猫活動いいですね。
がんばってください。
2006/06/02(金) 09:45:58 | URL | [ 編集]
ハッチー
kenさん
ありがとうございます!
FC2 東海 良いですか!?
今3位なのでうれしいです。
地域猫活動普及して可哀想な猫が減ってくれたらと
願うばかりです。
応援してね!
2006/06/02(金) 11:23:48 | URL | [ 編集]
そらまめ:
地域猫に対して行政がとても前向きなんですね。
うらやましい限りです。
こちらは、なぜか市の合併にともない
後ろに向かって全力疾走の構え・・・のように
感じられます。
先日、相談者の方の町に自治会長と保健所の連名で
餌やり全面廃止禁止の回覧が回ってきて
途方にくれていらっしゃいました。
地域猫の浸透がが必要不可欠になっていくべき
これからに、すべて市民やボランティアのみに
まかせてしまってはいけないはずなのに・・・
理由はやはり、行政側の人手不足・・・とのこと。

う~ん、先は長いです。
2006/06/04(日) 00:09:53 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。