--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/06/02(金)
『里親募集Ⅴ』

チエさんからのヘルプです。宜しくお願いいたします。

昨日所長と話したときに、二つほど残念な話として話されたことがありました。
ひとつは、路上で死んでいると通報があって回収する野良猫の死骸に、虐待の後が多々あると言うことです。
だから所長は餌だけあげている人は、その後何がおこっているかわからないのです、と言いました。
数が増えたらいじめられる、虐待されると。だから手術もしなきゃと。現場の声だから確かです。日々見ているから言えるんです。


それと、かなり懸念されていたのが、先日ここでも書きましたが、「遺失物法改正」の件です。そのまま改正されると、収容された犬猫がすぐにセンターに持ち込まれパンク状態になると。そうしたら処分しなきゃならない、、、それが心配だとおっしゃっていました。これも切実な現場の声なのです。

それともうひとつ、生まれてから動物を飼ったことのなかった所長ですが、センターに持ち込まれた犬をお宅のワンコにしたそうです子供さんにも動物の気持ちがわかる子になって欲しいと言ってました。

話は変わりますが、「ナイロビの蜂」観ました。
 ありがとうございます。今日もポチッとひとつ応援お願いします♪
とても良くできた映画だと思いました。夫婦の愛をテーマにしていますが、倫理や社会についても考えさせる深い作品です。
この中で感じたのは、先進国と呼ばれている国の民は、自分が手を下さなくても、後進国の貧しい人々を間接的に苦しめたり、殺したりしているという事です。
それは前者を「人間」と当てはめ、後者を「動物」と当てはめてもしかりです。「強者」と「弱者」と言っても良いし、今風に言えば勝ち組負け組みかな?!

製薬会社の陰謀を暴き、正義を貫こうとした主人公が殺されますが、それを殺したのも、直接的には弱者なのです。貧しい現地の人たちに手を下させますが、依頼は強者なのです。

所長は昨日、「実際に犬猫を処分しているのは、役目の職員で、自分は見ていないのです。でも自分がここの長なのだから、すべては自分が殺しているのと同じだ、と思うとたまらない気持ちです。」と、しんみりおっしゃいました。
私は気の毒に思って、「そこまで考えたらやっていられませんね。そこまで考えなくてもいいのではないですか?!」と咄嗟に言ってしまいました。
でもナイロビの蜂を観て思いました。犬猫の処分に見て見ぬ振りをしている私も同じって。
そこには税金が使われているんです。その税金を払っているのは私たちです。だから間接的には処分に加担している・・・
しかもずるい事に、誰かにやってもらって、自分は知らん顔。
そう思ったら、やっぱり処分を減らすために、微力でも頑張らないといけない、、
ナイロビの蜂は本当に深い映画です~。
スポンサーサイト
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/06/03(土) 00:51:56 | | [ 編集]
ちゃま坊
今までは警察というワンクッションがあったんですが、それがなくなるわけですね。
それに代わる動物ボランティアさんの存在が重要になってきますね。
今までだって、心ある人は役所に動物を引き渡さないで、飼い主探しをやってました。
一度渡した動物は簡単には引き出せないですから。
2006/06/03(土) 10:40:14 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/06/03(土) 16:54:13 | | [ 編集]
ハッチーさん、はじめまして(*^^*)
藍と申しますm(_ _)m

私のブログ、「動物は、人間のおもちゃじゃない!!!」に、
ハッチーさんのブログをリンクさせて頂いています。
ご連絡が遅くなって申し訳ありませんm(_ _)m

少しでも、動物さん達にとって、
過ごしやすい世界が訪れますように・・・m(_ _)m
2006/06/03(土) 19:30:59 | URL | [ 編集]
ハッチー
ちゃま坊さん
遺失物法改正は困ったものですが、
議員さんなどと通して皆さんの思いがひとつになっていますので
きっと受け皿ができて今より良くなると信じています。
問題提起されたことは良かったと思える結果を信じています。

藍さん
リンクの件ありがとうございます。
とてもうれしいです。
ブログも拝見させていただきました。
人間のおもちゃじゃない!って本当にそう思いますね。
もっと命を真剣に考えてもらいたいですね。
2006/06/03(土) 23:01:45 | URL | [ 編集]
935
こんばんは。
昼間かかせていただいた内容の続きです。

今、たくさんの方が東急のほうに電話やメールで問い合わせをしたおかげで、終電後に大捜索が行われるそうです。
でもそれとは反対に、やりすぎだとか相手の事も考えろとか
たくさん反対する声もありました。
どうしても何かしたいという気持ちが先走ってしまって、からまわりしていたのかもしれません。。。
ハッチーさんにも長い文を書き込んでしまって申し訳ありませんでした。また経過報告させていただきます。
2006/06/04(日) 00:44:21 | URL | [ 編集]
ハッチー
お返事しなくてすみませんでした。
いろんな人がアクションを起こしてくださってるのですね。
安心しました!
私も昨年、高いつくりかけのパイパスの橋げたにいる
猫さんを助けるために、消防のレスキュー呼んじゃいました!
3人体制できて、長梯子をかけて、号令かけながら、橋げたに
上って、捕獲器をかけてくれました。
すぐかかって、野良さんを助けることができました。
地上何メートルかな?
すごく高いんですよ~。
なぜあそこにいたのか今でもなぞです。
自分ではいけないから・・・

なので、今度の件、私ならレスキュー呼んじゃうな~って
思いました。
2006/06/04(日) 20:49:35 | URL | [ 編集]
935
消防署に連絡したり、猫で消防署は動けないと言われたそうです。
駅員さんが探してくれているとのことですが(実際はわかりません)いまだに見つかっておらず心配しているところです。
実は、その話を出した方がかなりひどいバッシングを受けだしてしまったのです。やりすぎとか偽善者とか。悲しいです。

また猫ちゃんが救出された時に報告させていただきますね。
2006/06/04(日) 20:58:33 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。