--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/08/26(土)
『子猫殺し、、、そしてオリーブ決まりました!』
ちぃこさんですよ。

坂東氏は高知新聞社の取材に対して、「私は、子猫を殺しているだけではない。鶏も殺して食べてもいる。ムカデも、蟻(あり)も、蚊も殺している。生きる、という行為の中に、殺しは含まれています。それは、高知の自然の中に生きている人たちにとっては自明の理ではあるでしょうが、都会生活の中では、殺し、という面は巧妙に隠されています。今回のエッセーは、生と死、人にとって、さらには獣にとって生とは何か、という一連の思考の中から出てきたものです」とコメントしています。
高知の方は他の都道府県の方に比べて特に、殺しを自明の理と考えているのでしょうか?!坂東氏以外の高知県人は、坂東氏の弁に意義を唱えないのでしょうか?!こんな風に、高知県人を引き合いに出したら、後々問題にならないのかな~?
疑問符ばかりですみません。もしこれが静岡県人を指し示しているとしたら、私は意義を唱えたいと思ったものですから・・・
取りあえず、実行行為は罰せられ、糾弾されてしかるべきだと思います。
自分の思想を屁理屈で固めるのはどうでも良いのですが、はっきり言って「殺ったの?殺らないの?殺ったのなら犯罪です、罰則に従ってもらいますという簡単な事だと思うのですが。(殺った、という書き方は適切ではないかもしれませんが、遺棄したとしても犯罪ですし、氏はコラム中で自ら<生まれてすぐの子猫を殺しても同じことだ、、と告白してているので殺したという自覚があるのです)しかるに、罪は謝罪と何らかのペナルティーをおわなければなりません


氏は屁理屈をこね回し、事実をモザイク処理しようとしてると思えて仕方ありません。屁理屈をこねればこねるほど(何の説得力もなく)人間性を疑われるだけ。
この件に関して中心的に動いて下さってる千葉の瀬川様のサイト
あたちひとりぼっちになっちゃうの?

ところで、今日市内の里親希望さんがシナモンとオリーブを見に来てくれました。
来る前からオリーブと決めていたようですが、いざ2人を見るとあまりの可愛さに決めかねている様。先住猫が2匹いるそうなので2人を引き取るのはやっぱり無理、と散々迷ってオリーブに決めてくれました。
来週お届けになります。
お蔭様で、あとはシャム系のシナモンだけになりました!この子はもう抱っこも出来ますよ~!

 ありがとうございます。今日もポチッとひとつ応援お願いします♪
スポンサーサイト
冷蔵庫
坂東氏、必死ですね。
確固たる意思ゆえの行動だったら、堂々とすればいいのに。
人それぞれの考えがあるのは、それこそ自然な事。
議論して本心から歩み寄ったのならいいけど、
取り繕うのは余計いやらしく思えます。
。。。私は全然理解できませんけどね。

私はルナちゃんを貰う際に、私に貰われてこの子は
幸せになるのだろうかさんざん悩みました。
でもノラなら平均2~3年の命だし。
私は愛情を注ぎ、彼女からは癒しをいただきながら10年以上を
少なくとも過ごせたら、種別を超えたかけがえのない家族になれる
と想い里親になりました。。。人間的な発想ですが自信は持ってます。

ルナちゃん、今日始めてケージ出てみました。物音に驚いて
ダッシュで戻りました(笑)手のひらからも食事をしました。
レバ刺しのような肉感と表面のザラザラ、いとおしい感覚です。
日一日としっかりしていきます。

オリーブちゃん良かったね~。
2006/08/26(土) 23:39:14 | URL | [ 編集]
ハッチー
冷蔵庫さん
ルナちゃんのことありがとうございます。
ひとつづつの小さな命を救うのは計り知れない苦労があります。
またもらって下さった方々も同じような苦労があるでしょう。
でも自らの手で救おうという人が全くいなかったら、
身勝手な人たちにおなざりにさせた命はどうなるでしょう。
そして社会や環境は・・・
少しかもしれないけど、私たちがやっていることが、そうでない人の
役にも立っていると思いたいですね。
実際ルナちゃんの母猫を捕獲しなかったら、今は1匹が11匹になっていたし、
ルナちゃんたちは5匹の内4匹が女の子だったから、この秋もしくは
来年の春は何匹になっていたでしょう???
だから捨てられた猫の避妊や、捕獲はとても大事です。
表面的な損得を考えない、猫が哀れと思う気持ちだけでやっている
ボランティアもしくは数少ないそういう思いの人がいなかったら
どうなっているんだろうと・・・

そういう人たちの日常の苦労をいとわず、あのような表明をする、
悲しくてたまりません。

冷蔵庫さんのルナちゃんに対する愛情はかけがえのないものですし、
本当にうれしいです。
ありがとうございます。
2006/08/28(月) 01:37:01 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。