FC2ブログ
2006/10/05(木)
『ちょっと言いたいこと。』
国際クマ会議:高校生が発表、若い視点で共存を探る--軽井沢 /長野

これ↑は熊ですが、犬猫の福祉に関しても老齢の方より若い方々の方が柔軟に理解していると思います。

ところで、猫を迷惑と感じる人は庭に糞をするから・・・
考えてみるとそれ位の理由かもです。さかりの時の声がうるさいとかもあるでしょうが、それはそうは気になりませんよね。あとはゴミを漁って汚すとか。
若い人は生活する上で自分の土地とか家とかにまだあまり執着していませんし、町内のゴミの日の後始末をする訳でもないので、そうも気にならないわけです。若い人と話すと大抵わかってくれると言うのはこんな理由かもしれませんが、順送りに家庭を持ったりして迷惑と感じる場面に出くわすとどうなるかは定かではありません。しかしながら日々動物福祉や愛護の啓蒙がなされ、進歩していると思いたいです。

先日テレビを観ていましたら「食いたん」とか言うドラマをやっていました。そこで主人公(東山紀之さん)が子供に諭す場面がありました。
「動物を食べるのはきちんと食べてあげなきゃいけない、、、それが供養なのだから。」
私はベジタリアンではなくお肉も食べるけど、残したり捨てるほど購入するのはいけないと思っていますが、その『供養』という言葉をそういう場面に使うのはたいへん抵抗があります。同じように、「食べられるために生まれてきたんだから」などとしゃあしゃあという人にも時々お目にかかります。
(食べててなんですが)頭が柔らかい子供たちにも言って欲しくないと思ってしまいます。

動物福祉や愛護を叫ぶと、アンチ愛護系の方はよく(というか切り札のように)「肉を食べているくせに動物愛護なんておかしい」と言います。
ここで、かの寅さんが出てきたら「それを言っちゃあお終いよ~」てな感じ(笑)ですが、「では少しでも肉を食べていると愛護動物の事を論じてもいけないと言うのか?!」と開き直りたくなる私です。
拡大解釈すれば出汁だって生き物のエキスが入っているからスープもダメって訳でしょう。
上記のドラマでは野菜だって生きているんだって言ってました。肉を食べてるくせにって突いてくる人の中には「野菜だって草だって命がある!」と言い出す人も多いです。実際、それと動物愛護が同列に批判されたりするから参りますよね。

で、ここで私は思うんですが、そういう基準で見れば動物の福祉の向上に頑張れる人はまずいないか、かなり少数な訳です。

昨今環境問題が取りざたされています。誰もが今後の地球規模での環境問題に興味を持っています。マータイさんが「MOTTAINAI」と言う言葉を掲げて、地球規模での関心を望んでいる事は、誰もが知っていることです。
大人はもとより、小学生、中学生、高校生、、、誰もが地球環境を良くする為に何らかを実践していると思います。小さいことだったらエネルギーの無駄使いを減らすために遣わない電気は消すとか、水道の水を出しっぱなしにしないとか。
だけど、一方で私たちは、地球を汚す水洗トイレを遣うし、今ではウォシュレットのトイレを使用します。車にも乗らねばならないし、そうすれば空気は汚れ、地球環境は悪くなります。
全く環境に害になる事はしていませんと言える人は、今の日本にはいないか、いてもごく少数でしょう。
でも、だからと言って、環境問題を語ったり自分に出来る事を実践してはいけないと言われることはありませんよね。

そこが動物愛護と違う所ではないかと最近思い始めました。愛護家はヒステリックに叫ぶ、とか肉食べるくせに、とか非難する人がいるけれど、そういう人の方が少しひねくれているのでは?と思うのです。「批判するあなたの方がヒステリック!」な~んて。

愛護家(と言う言い方がいちばん解り易いのであえて使いますが)がいなかったら、もっともっとこの世に行き場の無い犬や猫が蔓延していることでしょう。
自費を費やして頑張っている愛護家を非難する人はそこの所をどう思っているのでしょうか?

 いつもありがとうございます♪今日もひとポチお願いいたします。
スポンサーサイト



くろこだいる
こんにちは♪
「肉食べるくせに、豚や牛はよくて・・・」と言ってくるヤツに「私はベジタリアンなので食べませんよ~♪」って言うと、一発で気まずそうに黙るのが面白い(?)ですよ(爆←悪趣味)
日本人でベジタリアンの人って少ないからね~。
ダシも和風のは昆布とかしいたけ、洋風は嬉しい事に最近スーパーでも野菜コンソメなんぞがあるのでわりと大丈夫です。
外で食べる時は大変ですがね~。大丈夫だと思っていたらうっかりそーいう類が出てきちゃった場合は、覚悟して全部いただいております・・・
2006/10/06(金) 10:38:12 | URL | [ 編集]
TAMA
シンプルに考えるようにしています。
自分より弱い者、言葉を持たない者に優しくできない人間は
最低だと。私の人を見る目ってそんなもんです。
海外では社会化見学で、牛や豚が肉に変るところまで見せるそうです
だからあんなに強烈なベジタリアンがいるんだと思いました。
犬や猫はペットショップで売っているものと信じて育った日本人とは大違いですよね。30年の遅れがあると言われているこのような件についての考え方、一刻も早く追いついてもらいたいものです。
2006/10/06(金) 21:04:12 | URL | [ 編集]
ハッチー
くろこだいるさん
べジでしたね~。
私も言ってみたいですが、家族のご飯を作っている身としては
それは無理に近いです。
年をとってくると、実際的にはあまりお肉が食べたくなくなりますが、
お魚は食べますからね~。

TAMAさん
<自分より弱い者、言葉を持たない者に優しくできない人間は
最低・・・
その基準点はたいへんわかりやすいです。
欧米では日本よりずっと肉食の歴史が長いです。
だからそういう論議も散々なされてきたはず、周りはバンバン食べる
中でべジになるには相当な決意がいるはずです。
コンパニオンアニマルとの付き合いも日本とは歴史が全然違います
ものね~。
日本人も韓国や中国の批判をするけど、自分が歩いてきた道ですよね。少し前は同じだったのですから。
あくまで前進していればいいと思います。

2006/10/06(金) 22:41:00 | URL | [ 編集]
たらちゃんパパ・ママ
肉を食べる、と言うことは動物愛護を考えている人にとってはとても複雑で、答えのでない問題ですよね・・・。
(もちろん、肉食べてるくせに毛皮着てる人の批判はできない、とか言う大バカ者に対しては、一晩中でも言い聴かせられますけど)。

ですんで私のモットーは、あまり食べないようにする、一回の量でも必要以上に食べない、残さない、感謝していただく、こんなところです。

また、純血種の犬などの良い毛並みや健康を保つためにやれ子牛だ、子羊だ、などの「高級カンヅメ」にも自分の中で疑問を感じています。

自分のため、あるいは飼っている犬や猫のために他の動物を与えている・・・・。

考えれば考えるほどつらい問題で、でも避けられません。割り切って、それこそシンプルに考えるしかないのでしょうか。
2006/10/06(金) 23:59:09 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/07(土) 02:53:08 | | [ 編集]
ハッチー
たらちゃんパパ・ママさん
私も同じ思いです。
出来たら畜産動物の処分も苦しくなくやって欲しいし、
生きてる間は環境の良い処で育ててあげて欲しいですね。
2006/10/08(日) 00:06:58 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: