FC2ブログ
2006/10/16(月)
『藤枝市長からの回答』
ひろしまドッグパーク、全頭健康診断 10/15
富士見台公園はシェルター建設始まる10/9
もうすぐ冬支度

先日藤枝市に、捕獲器と定時定点回収についての意見を送りました。
今日回答が着ていました。

○○様
 藤枝市長の松野輝洋です。
市長への手紙をいただき、お礼申し上げます。

 さて、○○様からいただきましたお手紙について、担当する生活環境課に確認いたしましたので、次のとおり回答いたします。

 まず、犬・ねこの定時定点引取りにつきましては、引取りを行う場所として藤枝市役所駐車場を提供しておりますが、この引取り業務は「動物の愛護及び管理に関する法律」第35条に基づき、県が行っているものです。
そのため、引取りの廃止及び引取り時の職員の検閲につきましては当市では回答いたしかねますのでご理解をお願いします。

 次に、当市ではねこ捕獲器の貸与を行っておりますが、これは、ねこの虐待・遺棄を目的としたものではございません。
貸与を希望する市民の皆さんは、家の中に野良ねこが入ってきて台所を荒らされたり、庭に糞をされ毎日のようにその始末に追われている等、生活に支障をきたし我慢の限界に達した状態で相談に来られます。

 被害が飼いねこによるものであれば飼い主に注意ができますが、ねこの飼い主がおらず、飼う人も見つからない場合、相談をいただいた市といたしましてはやむを得ず捕獲器を貸与しているという現状であります。
 貸与の際は、ねこをみだりに殺したり傷つけることは法第44条により禁じられている旨を明記し、虐待・遺棄を目的とした捕獲器の使用は絶対に行わないように文書で注意しております。

 最後に、市のホームページについてですが、ご指摘のとおり説不足の点がいくつかあり、誤解を招きやすい表現だったため、○○様のご提言を機に、修正いたしました。
 市といたしましては、動物愛護の観点から、今後とも飼い主の皆さまに対する啓発を行ってまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

注:修正(加筆)箇所、緑字・・・
犬やねこが欲しい方と譲りたい方のために、文化センターに「ポッチとニャンチの愛の伝言板」を設置しています。
犬やねこを譲りたい場合は、連絡先・種類などを記入した伝言票を掲示してください。
犬やねこを飼いたい場合は掲示板を見て、伝言票の連絡先に直接交渉してください。
事情があって犬やねこを飼い続けることができなくなってしまった場合は、上記のような方法で新しい飼い主を探してください。しかし、どうしても飼いきれず、新しい飼い主も見つからない場合は、保健所に引き取りを求め、絶対に遺棄しないでください。

う~~む、だから、、、
野良猫さんでも勝手に借りた捕獲器で捕まえて回収車に引き渡しちゃダメ!!!って。。。言いたいのに~。根本的に間違ってる、、、ああ(溜息)
静岡市、浜松市をのぞく40の市町で定点回収のお知らせを、HP,及び広報でしています。ほとんどは注意書きも大してないし、回収時の検閲も全くなしです。なので、返事をしてきた藤枝市はましな方です。
(拙い)私の送った意見、提案はこちら

 いつもありがとうございます♪今日もひとポチ、応援お願いいたします!
貴市役所は、市民にとって不要になった犬や猫を 引き取っていらっしゃいますね。
「飼えなくなった犬やねこは、指定された日に市役所前で引き取ります。」と書いてあります。
びっくりしました。まるでゴミのような扱いです。
 また引き取り時、犬や猫を持ってきた人に、職員 の検閲や、訓告や注意があって然るべきです。 貴役所ではそれがなされていますか?情報によると全くなされていないと聞きました。
 もしかしたら、どこかで飼っていたものかもしれない猫です。 さすれば窃盗罪ですが、職員が見てくれなくては わかりません。
またもし野良猫、野良犬であっても愛護動物に指定されていますので、持ち込んでの処分は違法です。
捕獲器の貸し出しも違法ですが、貴役所では如何でしょうか?!

 指定された日の市役所前の定点回収は即刻止めて頂きたいと思いますが、すぐに出来ないのであれば、お知らせページに書かなくてはいけない事があるのではないでしょうか?
動物があたかもゴミの様に扱われる藤枝は、市長様が理想とする、住みやすい市でもなければ、子供たちの未来を温かく育む市でもありません。是非ご一考願います。捕獲器の貸し出し、定点回収についてのお考えを伺いたく思います。

 取りあえず、動物を処分に出す心無い人に対する注意を、速やかにこのHPに書き足してください。お返事お待ちしています。
スポンサーサイト



このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/17(火) 00:18:57 | | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: