--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/11/16(木)
『トラバサミは残酷なわな』


先日来、S大人文学部社会学科の学生さんから地域猫活動に関して話を聞いたり実際の活動風景を見たり撮影したいとのメールを頂いていました。
フィールドワーク基礎演習の一環として地域社会を歩き観察したり調べたりする事や実際に話を聞く事で理解を深める・・・要するにジャーナリズムの基本演習といったところでしょうか?
今日は新人さんと場所確認などのための再度の同行給食当番(変な言葉ですみません)だったので、それに合わせて学生さんにも来て頂きました。
1年生なのでウチの末娘と同い年。まだまだ心が柔らかい。地域猫について話していきながらもどうしても動物を取り巻く諸々の問題点にも話しが及んでしまいました。こんな私の支離滅裂な話を真剣に聞いてくれメモってくれてうれしかったです。まとめは授業での発表となるそうですので、少しでも啓発になればうれしい限りです。

ところで、国の鳥獣保護事業基本指針案に対する意見募集が19日まで行われています。
今年の6月に鳥獣保護法が改正されましたが、その改正法に基づいての具体的な基本指針を国が示し、それに基づいて都道府県が基本計画をたてることとなっています。
トラバサミ、くくりわなについては以前署名を集めて送らせていただきました。
話は変わりますが、全国に130店舗あまりもある大型のホームセンター【カインズホーム】さん(静岡県内の)では普通に捕獲器を販売していますし、その横にトラバサミが並べてあります。
もちろん「鳥獣保護法により、捕獲の為の許可を受けたもの、狩猟者登録を受けた者に限る」との注意書きは貼ってあるものの、実際には誰でも容易に購入できます。
環境省側も、注意を促すチラシを渡すとか貼るとかの対処をもとめてはいるものの、提示を義務化している訳ではないですし、もちろん販売を違法とは言っていません。
なので結局は販売店側の良識に任せるということになってしまう訳ですが、県内のあるホームセンターでは、私の友人のボランティアの抗議にあたって、すぐに販売を中止しました。
しかしカインズさんは、返事すらせず、痺れを切らした友人に「本部から返事をしない様言われている」とのあきれた答弁に終始しているとの事。ニーズがあるのでウチでは置かざるを得ないと言うならまだしも、この企業姿勢は今の時勢を鑑みてもちょっと適正ではないと思うのですが如何なものでしょうか?!

私の友人がTNRしていた外猫2匹がそれで足を失っています。
以下に添付した文は、2003年1月の私自身の日記ですが、最近も知り合いの動物病院に、トラバサミにかかった子猫が運びこまれました。
かなり重態のようです。
この様に野良猫家猫の誤捕獲も多いので、販売に関してはもっと規制を強化して欲しいと願っています。百歩譲って野生動物がかかったとしても長時間の拷問的な、たいへん野蛮な処分の道具だと思います。
是非皆様もご意見を送ってくださいますようお願いいたします。
以下は島猫の落合さんのご意見ですがご参考までにご覧下さい。
私も明日明後日までに煮詰めたいと思っています。

 今日もひとポチ、応援お願いいたしま~す!!
※2003年1月26日の日記より
先日、友人宅の猫がトラバサミにかかりました。6月から通算3回目です。
 一度目にかかった猫は、その時は幸いにも足を切断しなくてすみましたが、2度目にかかった猫は、はまってから何日ももがき苦しんだらしくその部分はすでに腐り、うじが湧いていたそうです。彼はトラバサミを引きずって、命からがら帰ってきました。
 そしてあろう事か3度目に、最初にかかった同じ猫が、今一度災難に遭ってしまいました。今度もいなくなってから1週間ほどが経過し、トラバサミを引きずって帰って来た時はたいへん痩せて痛々しかったそうです。そして、悲しい事に今度は足を切断しなくてはなりませんでした。この猫たちは幸いにも帰る場所があり、又トラバサミが道端の木の根とか、石とかに引っかかるという事もなく、何とか帰宅する事が出来ました。
しかし、この猫達の他に、かかった事によって命を落としている動物が絶対にいると推測されます。

 トラバサミは、動物の足がふれると瞬時にバネがはねて足を捕らえる狩猟用の罠です。足にくいこんだまま動けなくなって衰弱、餓死したり、足の骨がくだけ、逃げようとして足がちぎれることもあります。野生動物などの他、犬や猫などが無差別に殺傷されるたいへん残酷な罠であるばかりか、人間にも危険な道具です。人間がかかると大けがをし、小さな子供などは生命の危険もあります。
 EUヨーロッパ連合では1995年からトラバサミを全廃し、さらにこの罠で捕獲した動物の毛皮の輸入禁止も決定しました。そして、2000年8月8日、日本でも環境庁長官の告示が出され、以下の規制が施行されています。
 開いた状態で直径12センチ以上のもの、あるいは鋸歯のあるものの使用は禁止、標識(氏名、住所、甲種狩猟免許または狩猟者登録証に記載された都道府県知事名、登録年度及び登録番号を記した金属製またはプラスチック製のもの)を付けない使用は、禁止、同時に31個以上のトラバサミ(すべての合法的なわなを含む)を使用することは、禁止等です。上記の違反者は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられます。(環境庁長官告示第39号)より。  
 また、市街地で犬や猫などを捕らえる意図で仕掛けられたものは、明らかに動物愛護法違反で、動物虐待罪になります。動物虐待は1年以下の懲役、又は百万円以下の罰金です。付け加えるならば、鳥獣保護法にも厳しい規定があります。今回、猫たちがかかったトラバサミは所有者の明記がなく、又明らかに市街地にかけられています。それをかんがみれば、前記の規制に反しているのは明白です。
友人にとっては家族の一員ともいえる猫たちに苦痛を与え、又他の命あるものにも、生命の危険を及ぼすこの様なものを仕掛けた方に、事の重大さをわかってもらい、即刻排除して頂きたいと願って止みません。
後略・・・
スポンサーサイト
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/11/17(金) 12:39:04 | | [ 編集]
ちゃま坊
過去にトラばさみの経験あります。
やはりトラばさみを付けたままひきずって帰ってきた猫がいました。
トラばさみには鎖が付いていて、地面に杭をさしてこれを固定する仕組みです。
猫が簡単に外せる物ではないので、おそらく仕掛けた犯人が杭ごと外したようです。
パニックになって暴れている猫のワナを外すのは、素人にはできないでしょう。だから杭ごと引っこ抜いたらしい。
外傷はたいしたことはなかったのですが、ショックとストレスで腎不全を併発したらしく、1週間くらいで亡くなりました。
憎むべきワナです。

2006/11/17(金) 16:56:44 | URL | [ 編集]
むつごろう
トラばさみは残酷な罠ですね。

随分前の事ですが日本海側の観光客相手のお魚センターで買い物をしていました。

そんな時お店の隅から時ならぬ悲鳴が聞こえてきました。

魚を狙ってお店に入り込んだ鼬がこのトラばさみにかかってしまったのでした。

鼬の足は猫よりも細いのでもう骨は折れているようでした。お店の方は商品のそれも高価な魚ばかり狙って食べようとするとの事でした。こんな事はしたくないのだとも話しておりました。

安い雑魚のような魚には見向きもしないと、売り物の鯛やブリを食べられてはと。

でも正直言いまして他の捕獲器を使うなどの配慮がして欲しかったですね。

カインズホームは仕事先の近くに有りますので売っているのかどうか今度見てきます。

またトラばさみを売らないように何か訴える方法は無い物でしょうか?
2006/11/17(金) 22:36:42 | URL | [ 編集]
あき
とにかく今すぐにも販売中止にしてもらいたいですね。カインズホームには多方面から様々な圧力を掛けて、企業イメージを損ねる物品の販売を中止するように仕向けることができればいいですよね。長期的には日本での全面禁止にしたいです。いやしなきゃ駄目です!これから皆さんで協力しましょうね。
2006/11/18(土) 00:47:57 | URL | [ 編集]
そらまめ
とらばさみの犠牲になり、前足と後ろ足をなくした子の取材を、ついこの前してきました。Go!Catsの掲示板に載せましたが、本当に腹のたつ罠です。
その子を見ていて、虐待以外の何ものでもない!!と実感しました。
高いところに登ることはもちろん、床をはって歩くことしかできません。
他の猫にまじると、すぐいじめられます。

こんな、危険なものに小動物や、まして万が一幼いこどもでもかかってしまったら・・・
考えただけでぞっとしますね。
手軽に身近で購入できてしまうなんて、やはり不思議としかいいようがありません。
お店の上層部の真意を聞いてみたいところです。
2006/11/18(土) 01:28:09 | URL | [ 編集]
るん
記事やコメントを読んでいるだけで背筋を冷たいものが走りました。
うちの子がもしかかったら・・・・。いえいえ、そんな姿を想像するだけで
十分恐ろしいです。

使い道を誤れば恐ろしい凶器になるものが誰でも買えるというのは
大問題ですね。
少しでも声をあげ続ける事が大切ですね。
2006/11/18(土) 14:06:33 | URL | [ 編集]
ハッチー
ちゃま坊さん
その猫は結果的に精神的にも肉体的にもやられてしまった訳ですね。
本当に痛ましいです。
でも猫を溝鼠と同じに考える人は全く何とも思わないのかもしれません。
だから愛玩動物に連ねてあってもそんなのはどこ吹く風ですね。
自分にとって害獣なわけですから。
根本的に痛みをわかりなさいと言っても無理ですから、
やっぱり法を強化しなきゃなりませんね。
2006/11/18(土) 23:13:02 | URL | [ 編集]
ハッチー
むつごろうさん
是非ご近所のカインズさんを見て欲しいです。
なければそれでいいのですが、ペットの物もたくさん
扱っているし、その点では良いイメージ展開をしていますので、
トラバサミはちょっとおかしいでしょう。
とそう思うのですが。
お返事がないようなら問題視したいと思っています。
2006/11/18(土) 23:16:02 | URL | [ 編集]
ハッチー
あきさん
法律があってないような代物ですから。
愛護法もザル法と言われていますが、何もかも中途半端ですね。
日本人の資質まで問いたくなります。
って自分もこてこての日本人ですが。
まともな法はないのかって思います。
企業イメージに訴えかけようかと思っています。

そらまめさん
やっぱりどこにも犠牲になっている猫がいるんですね。
絶対数からしたらかなり多いと思うので、法できちんと
規制してもらいたいですね。
どこに遠慮しているのかって勘ぐるほど手ぬるいですね。

るんさん
どこにでも誰にでもおこりうる事です。
凶器となりうる物を売るのはおかしいと思いますが、
ボラさんがそう言ったら、「包丁は凶器となるけど、どこにでも
売っている」と言われたそうです。
確かにそうですが、包丁は他の重要な使い道があり
その方が一般的ですからね。
トラバサミの使い方は動物を捕らえる事のみですから。
屁理屈と言ってもいいと思います。
本当に全廃して欲しいですね。
2006/11/18(土) 23:25:39 | URL | [ 編集]
ことめ
私の猫も夏にトラバサミにかかって帰ってきました。幸い、足を切断しなくて済んだのですが・・・。動物病院の獣医さんは、トラバサミはバネの調節がきくから、仕掛け方(計画的?)を甘くしておいたのだろうた言う事でした。その後、私の家の猫は、父に猫ハウスわ作ってもらい、その中でこれから暮らすような方法をとりました。しかし、ほかにも猫が3匹居るので、毎日はらはらしながら見守って飼っています。動物が嫌いな人の気持ちも理解はできますが・・・。私の家のように、すでに家の中で4匹飼っていると、スペースが足りなく、心配であっても外猫はこのまま外飼うしかありません。昔は毒をまかれて中毒をおこし、帰って来た事もありました。犬や猫は寿命が短いのです・・・。田舎で暮らしていても、現実はこれです。世の中何かおかしいと思います。哀しいものです・・・。
2006/11/19(日) 15:20:48 | URL | [ 編集]
ハッチー
ことめさん
不幸中の幸いですね。
足を切断せずにすんでよかったです。
よく餌をやる人は全部家の中に入れろとわめく人が
いますが、本当に無理難題だと思います。
友人も家の中には目が見えない子他5匹ほどいて
全部中が言い訳ではなく、1階と2階に住み分けたりして、
外で捨てられていた猫さんたちを家に入れる訳には
いかなかったのです。
迷惑だ邪魔だと言うのもわかりますが、トラバサミはやり口が
汚いと思います。
人間ですから、もっと人道的なやり方を考えたらいいと思います。
2006/11/19(日) 21:25:23 | URL | [ 編集]
ジコチュー
近所の飼い猫に、再三、庭に「フン」をされて困っているので、何か罠を仕掛けてその猫を捕獲しようと探していたらこのHPにたどりついた。
このHPに投稿する方々は読むところ猫を飼っているようです。そこで尋ねたい。「飼い主は、なぜ猫を外に出すのか?」「その猫が近所で何をしているのか知っているのか?」という事です。飼うのなら責任を持って飼ってもらいたい。我々のように再三庭にフンをされ、それを処理する立場も考えてもらいたい。そういった無責任、自己ちゅうな飼い主が、飼い猫を外へ放置するのを止めないからこういった罠を仕掛ける必要も出てくる「いわゆる必要悪」だと言うことを・・・。よって私はその猫を捕獲すべく、これからホームセンターにこのHPで話題になっている「とらばさみ」を購入しに行きます。良い情報をありがとうございました。
2007/01/13(土) 11:43:07 | URL | [ 編集]
ハッチー
本当のジコチューさんへ
近所の飼い主さんに迷惑をこうむっていることを話しましたか?
庭に入って来ないように改善案を考えましたか?
自分の猫が迷惑をかけている事を知っているだろうか、と書かれていますがお知らせしたらよいのではないでしょうか?
みんなが社会の一員として生活しています。
改善していただきたい事ははっきり言って、話し合って折り合われたらいかがでしょうか?
あなたのやり方は、隣の家で毎日ピアノの音が聞こえてうるさい、
だから待ちかまえてピアノが弾けないように手に怪我をさせてやろうとか、そういう次元の、テロ的な卑劣な行為です。
飼い猫、野良猫問わず、それを傷つける事は、動物の愛護と管理の法律で罰せられています。社会が決めておりますので、勝手に捕らえて処分するのを必要悪とは認められません。
あなたは自分で犯人になると公言されているのです。
知能を持った人間ですのでもっと頭脳プレーで難問を解決されたらいかがでしょうか?!
おまけで申しますと、私のサイトにこられている方々は猫を完全室内飼いにしていらっしゃる方がほとんどです。
そうでない場合でもご近所の迷惑に十分気を配り、周りの方々とのコミュニケーションを図られている愛猫家の方々ばかりです。
お庭に糞をされ、と書かれていらっしゃるので、普通の家庭人と仮定いたしますが、この様な皮肉な言葉を書き込みされるあなたに心底あきれました。普通の神経の方ではないです。
2007/01/14(日) 01:03:16 | URL | [ 編集]
ジコチュー
う~ん。どうしてペットを飼う人は、飼わない人の事を「悪人」呼ばわりするのかな・・・。
動物を飼うと言うことが、「保護」になると本当に思っているのが不思議ですね。ペットを飼うこと自体が人間の「エゴ」としか私には思えませんけどね。
さて、話は本題に戻します。
私も飼い主が判ればそうしたいと思っているし、事実、朝起きたら庭先で「糞」をしている所を目撃、デジカメで証拠写真をと思ったのだが、ときすでに遅しで逃げって行ってしまい、目視での猫の「色」と「首輪」をしているぐらいしか判別できませんでした。自治会からも「回覧」でそういった「被害」が出ているので「飼い主」は猫を放置しないように呼びかけている始末。そう言った背景の中での私も一人の被害者なのですよ。小さいですが、一応大事にしている庭です。そこに、ジコチューな飼い主の「害獣:猫」の「脱糞」で悩まされるのです。
とらばさみが「非人道的」というのであれば、こう言った「サイト」を立ち上げてそれを「動物保護、非人道的、反対」と訴えるばかりでなく、どこの猫かもわからない、飼い主も知れない、そういった「害獣」に苦悩されている被害者の立場も考慮した、ハッチーさんが叫ばれる「頭脳プレーで難問を解決」という思索をアドバイスしてもらいたいものです。もちろん私も人道的立場で知恵を出して「猫避けスプレー、散剤」も利用しましたよ。でも結果は費用ばかりかかって効果は無しでしたね。情けないないですよ、全く。とらばさみを使用する行為が「テロ的な卑劣な行為」であると言われるのあれば、今一度、「頭脳プレーで難問を解決」という名案をここで紹介して下さい。期待しております。以上。
2007/01/14(日) 12:18:43 | URL | [ 編集]
冷蔵庫
ジコチューさんは、怒りの矛先がずれてませんか?

「飲んだら乗らない」をきちっと守ってる人に、飲酒運転事故の文句を言ってるようで。
とらばさみ使うのも、爆音轟かせる族の小僧に、包丁振り回して立ち向かっていくようで・・・。
家の駐車場に知らない車が止まってても勝手に動かせない。ように理不尽な事が世の中にはいっぱいあります。
くれぐれもヤケクソ的な行動はしない方が良いのでは。後味悪いし。

でもネコは同じ場所でウンチするから今後も嫌な思いは募って行くし、早く何とかしたいですよね。
とりあえず飼い主に抗議が届く方法を考えるしかないんじゃないかな?私も賢くないから回覧板で告知する事くらいしか思いつかない。
とてもアタマに来るでしょうがネコに当たっちゃね、ネコはそんな事解らないんだし、ジコチューな飼い主に解らせなきゃ。
ネコを飼ってる人をひとくくりにするのもどうかと。

でも、どこの猫かわから無いってのは厳しいよね、探すのは簡単じゃないから。ほんといい方法無いかな。
2007/01/14(日) 19:51:10 | URL | [ 編集]
ハッチー
飼わない人の事を悪人呼ばわり???
そんな事を書いてはおりませんが。
あなたがトラバサミをかけて捕獲すると書かれていたから
それは犯罪だと書いたまでです。

と申し上げても仕方ないですね。
猫を飼っている人に憎悪に近い思いをお持ちのようですし、ペットを
飼う事はエゴとおっしゃるのですから。
(世の中、誰もが他の人から見たらエゴだと思える事をして生きておりますが。)

町内でその様な被害があるのでしたら繰り返し訴えて、室内飼いを
お願いするのが妥当だと思います。
ご近所との交流がおありでしたら、猫を飼っているお宅の情報や
猫の情報など、絶対に入手できると思います。

トラバサミで捕獲したあとジコチューさんがどの様な行為に
出られるつもりなのか存じませんが、それで怪我をさせて時点で
この日本の法律では違反であるということは確かな事なのです。

私のサイトは、猫被害の難問解決を専門にしている訳ではありません。
それは他にたくさんのサイトで載せて下さっておりますので、
そちらを参考にしていただければ宜しいかと思います。
私が見聞きした中でいちばん効果的なのは、とげとげマットです。
一度それを購入されて試されたら宜しいかと思います。
以外にグッドかもですよ~!
こちらもご参考までに
http://www.nhk.or.jp/gokinjo/backnumber/030626.html#sono01

それと私のサイトに来てくださっている方は、皆自費で野良猫が
減るように苦労している方、野良猫やその子供を家族として家に入れ
室内飼いにして近所に迷惑をかけないようにしている方ばかりです。
ただの猫好きさんのサイトではないと自負しております。
なので、猫嫌いな方々のお助けサイトでもあると思います。
そこら辺の理解も全くして頂いていないようですので、失礼ながら
この件でのコメントは削除させて頂きますのでどうかご了承くださいませ。
私のサイトなのでそうさせて頂きますが、ホームセンターに対するトラバサミのの件でどうしてももっとおっしゃりたいというのでしたら、溝淵さんのお電話の方にお願いいたします。


2007/01/14(日) 20:10:33 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。