FC2ブログ
2005/11/03(木)
『猫の苦情』
ただ今里親募集中!
生後2週間、保護した友人が里親募集中!よろしく!

フルタイムで働いてる一人暮らしの友人Mさん。
私よりずっと前からネコの救済をしている方。
保護ネコのために、住んでいるのは文化住宅というのか、昔からよくある隣近所の付き合いもあるような下町風な一戸建てになった借家です。
家の前に砂利が敷いてあって、小さな花壇があるような暖かい雰囲気の…
保護猫は、みな捨て猫だったり、野良猫だったりですが、ご多分に漏れず行き場のなかった問題のある子ばかりです。
で、どうしても外に出たい猫もいて、交通事故もおこらない場所なので、Mさんがいない間外に出しているネコもいます。
もちろん隣近所には充分に配慮もしています。

問題は裏の家に住んでいるちょっと精神的におかしい女性のこと。
40にもなって1日中家の中にいて親にパラサイトしている人なんですが、Mさんのお宅に夜中の1時に訪ねてきて、「ネコを出さない!」でとヒステリックに騒いだり、無言電話をかけてきたり、それはそれは気持ちの悪い事をするそう。
夜中に玄関ドアーに「ネコを出すな!」って貼って立ち去った事もあったそうですが、当のネコは実際その家の方には行ってないそうです。

しかし再三再四、そのおかしい人が動物指導センターに電話をしてMさんのネコの苦情を言うものだから、センター側から何度かお叱りの電話があったそうです。
その都度Mさんは、「ネコはトイレは家でしているし、もちろん不妊手術をしているし、他の方には一切苦情をもらっていない、その人が精神的におかしく、むしろ自分がストーカー的な事をされて弱っている」と話したそうです。
一度は電話を入れてきたのが、1週間前に私と一緒に懇談に行った、その時に話した女性の獣医さんで、向こうはアポ取ったならあくまで名詞を出せと言ったし、すごく高ピーだったけど、私たちのやっている事を一生懸命話してきたのに。
(普通の主婦や市民で、営業でも、偉い人に会う訳でもないのに何で名詞(そんなの持ってないもん)を出さなきゃいけないのか?)
電話で事情を話しても「苦情は苦情です!」の一点張りでなかなか解って貰えなかったそうです。
その後実際にMさんの家に調査にも来たそうです。猫数だって4匹だし、その内出ているのは2匹です。(1匹かもしれない)

おかしい人がまた苦情を入れたらしく、昨日は留守の間に再度、センターの人が来た様で、ポストに「猫は家の中で飼いましょう」というのと、「避妊、虚勢手術をしましょう」というチラシが入っていたそうで以前に話したことが全然理解されてないと、Mさんはかなりがっくりきていました。

何の問題のない所には、税金を使ってわざわざ来るくせに、Mさんが、「あるお寺の犬がご飯もろくにもらえず、短い鎖で繋がれたままで、そこらじゅう糞だらけ、暑さ寒さにも全然気遣っていないので、見に行って欲しい」と言ったら、センター側は「飼い方は人それぞれで関与できない」と言って取り合ってもくれなかったそうです。

実際その後5年も、Mさんは言っても改善してくれない飼い主にお願いして、毎週その犬の世話に行っているんですが…

必要な事は全然なされず、不幸な猫を減らそうと、自腹で心血を注いでやっている人に理解の一欠けらもない…
そんなセンターは、やっぱり信じられないと思ってしまうですが…
スポンサーサイト



厩務員
犬は係留してある。
猫は繋いでないし、他人の物を侵害する恐れがあるから、注意する必要が有ると言うことなのでしょうね? その動物がどんなに虐待とも思われる扱いをされていようと、人間に被害が及ばない限り、行政は動かないという事なのでしょう。 動物愛護は人間愛護に改めてた方が正直ですね。
 Mさんはその変人女が又何かしでかしたら、警察に通報し根拠のない嫌がらせの事実を訴えた方が良いのではないでしょうか?
2005/11/04(金) 08:30:31 | URL | [ 編集]
るん
頭がおかしくて、変ないいがかりをつけて回る人の話は良くきくもの。
先に言ったもん勝ちみたいな所がるので、今度は少しでもあちらが変な行動起こしたら、先に警察に通報してやりましょう。
それこそ、刃物持って押しかけて来る懸念もあることだし・・・。

でもいらぬ誤解受けないように猫さんを家から出さないでいられるといいと思うのですが・・・・・・。
2005/11/04(金) 22:04:28 | URL | [ 編集]
ハッチー
警察も頼りにならないってところはありますね~。
彼女曰く、警察に言ったら、逆切れして何かの時に猫に被害が及ぶのが怖い。
確かに、おかしい人って何やらかすかわからない恐さがありますからね。

毒を撒かれて殺されたりしたら、取り返しが付かないって所だと思います。
結局おかしい人を、おかしいからって取り締まるわけにはいかないからどうしようもないんですよね。
こんな人がいっぱいいるんですから困ったものですね。
2005/11/04(金) 22:39:31 | URL | [ 編集]
ハッチー
世話をしている猫は貰い手が付かない、病気のある子ばかりです。
噛み癖がひどくおまけに尿道が先天的に細く、ペニスと睾丸を両方取った猫ちゃん。
この子は、おなかに穴を開けておしっこが出るようにしてあるんですが、治癒力で時たまふさがっちゃうんです。そうするとまた新しい穴を開けたりして。
たまには穴が爆発したりすることもあり、かかっている病院の先生も始めての所見と言っていて爆発物を抱えているようなものです。
その他は半身不随でおしっこを絞らないといけないことか、パッドが原因不明に腫れていて血が吹き出る猫とか。
そんな猫と、外に出ている子は去年野良猫を保護しないと保健所行きと言われて保護したんですが、見たことないほどに元気すぎていて、問題のある成猫たちをかき回し、ストレスまみれにしてしまうほどの若いいたずらな子。
出さないと、ストレスで他の猫の病状までひどくなりそうな。
それに、その変な人さえいなければ、昔の下町のような良い雰囲気のところなんです。
猫がかわいそうで少しは外に出すと言うのも、その猫のタイプによっては仕方ないかな~とも思えますが・・・
2005/11/04(金) 22:54:36 | URL | [ 編集]
厩務員
確かに、外での生活の長い子の中には1ヶ月以上経っても家の中だけの生活に馴れず、ストレスから 悪さをしたり体調を崩したりする子がいますね。 生活環境によっては一概に外に出すから悪いとは言い難いですよね。  きっと、そういう変な人は他でも(猫のこと以外)問題を起こすと思います。 他の御近所さんとより親しくすることで猫の安全を図るしかないですよね。 
2005/11/04(金) 23:14:23 | URL | [ 編集]
momo
難しい問題ですよね(-_-;)。
猫本人も、室内飼い出来る子と、外に出ないとストレスがたまってしまう子がいてるから。
また実際に、猫をほったらかしにし、苦情にも対処せず迷惑ばっかりかけている人も実在してるので、苦情だけ事務的に聞いている行政側は区別がつかないんでしょうね。
本当に、動いて欲しい時にはなかなか動いてくれないのがお上仕事。
ホント、じれったくなっちゃいます。
でも、Mさんのことを思うと辛いですね。
折角、環境の良い所にお住まいなのに・・・ご近所に一人だけ変わった方がいてると・・・。
猫に実害がないといいんだけど・・・。
2005/11/04(金) 23:22:10 | URL | [ 編集]
ハッチー
そうですね。
室内飼いが奨励されるのは賛成ですが、一概に一くくりには出来ないと思うし、回りの環境や、飼い主さんの気遣いでも変わってくると思います。
不妊手術は最低限のマナーだと思いますが、外にいる猫にあまりにも冷たい視線が投げかけれられるような社会も何やら寒々しく感じられます。
恐い感じすらしてしまいますが、昔はみんなの視線ももっと温かく、自分の土地とか物に対しての執着心や汚いものや菌などに対する嫌悪感も緩やかだった気がします。
うまく言えませんが、一言で言えば「世知辛い世の中」って事だと思います。

すみません、話がまた飛躍しました~~
2005/11/05(土) 01:58:47 | URL | [ 編集]
エム
そうですね。確かに室内飼いにすれば苦情もないでしょうが、外で猫を1匹も見ない社会って、変、ていうか、絶対、冷たい、暮らしにくい社会だと思います。話しは飛びますが、日本では、精神科に34万人ほど入院しているそうです。その中には、ほんとに必要で入院している人もいるけど、医師ももう入院の必要はない、というし、本人も退院したいのに、帰るところがなくて、退院できない人がかなりいると聞きます。地域社会が受け入れないのです。イタリアのように、精神科の入院病棟がない、国さえあるのに、です。ちょっと変わっている者、汚いもの、弱い者にたいする日本の社会の冷たさと動物行政の遅れ、無関係ではないと思います。
2005/11/05(土) 09:06:52 | URL | [ 編集]
ハッチー
イタリアには入院病棟がないんですか?!
日本では精神病院ってとっても多いですよね。
ウチの近くにも大きな病院があります。
病気の人自体が多いのかもですね?!

確かに島国根性って言うのか排他的ですね。
それと、昔から犬畜生なんて言葉もあるくらい動物に対する意識が遅れています。
そうかと思うと、おもちゃ的に扱ったりで、歴史がないって感じですね。
これから徐々に変わっていくと良いですね。
2005/11/05(土) 21:21:50 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: