--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/02/28(水)
『大阪ブルセラ犬の件』
宜しくお願いします!
 リンクも是非お願いいたします。

大阪の繁殖場のブルセラ感染犬処分の件です。
大阪府では27日に処分の予定でしたが、またたび獣医師団の方々、ボランティアさんたちの阻止で延期になりました。
中止ではなく延期です。
ブルセラ病が、処分を遂行しなくてはいけないほどの病気なのかというとはなはだ疑問ですし、そうではないとの見解を群馬県がしています。
抜粋
過日、大阪府において、イヌブルセラ症の集団感染が報道されました。イヌブルセラ症(Brucella canis感染症)は、人への病原性が弱く、感染報告も希と言われていますので、過度の心配をすることなく、動物の生態、習性及び生理を理解し、愛情を持って取り扱うとともに終生飼養に努めるようお願いします。

人間にうつるのかっていうのが問題になっているのだと思いますが、滅多にというより皆無に近い訳です。
ご尽力くださっている「くすのき動物病院」院長のブログでも確認する事が出来ます。
昨今、鳥インフルエンザもそうですが、人間への感染にあまりにも神経質になっていて、0,001%でもその危険があれば、動物はみんな殺してしかるべき、という風潮がまかり通りつつある様に感じます。はなはだ個人的な見解ですが、「人間にそんな権利あるの?」と思ってしまいます。
今回も、何事も対応が遅い行政が、何故こんなに早急に処分したがるのかな~?と思うのです。助けられる命はたくさんあるはずなのに。

そしてやっぱり思うのは、「もう繁殖場は無くして欲しい!!!」って事。
今の時点でそれがかなわなければ、せめてしょっちゅう視察に行って欲しいです。野放しにしないで欲しい。今この時も日本中の繁殖場で、同じような事がおきているだろうから。。。

最後に、こちらをお読み下さい。そしてお手伝い下さい。

御願い:下記を多くのマスコミの方に広げていただければ幸いです。

大阪ブルセラ犬感染症報道についての御願い

前略

はじめまして、私たちは本件で獣医療ボランティアの派遣を要請している、またたび獣医師団ともうします。

今回の犬ブルセラ症感染犬の行政による殺処分は不当だと考えています。
正しい犬ブルセラ病に関する知識を知れば「殺処分するべき合理性が無い」ことは明らかです。

しかしながら行政サイドの広報はHPで犬ブルセラは家庭で飼養しても安全であると発表しながら、一方では殺処分やむなしという、ダブルスタンダードが存在します。マスコミに対する発表では「感染を防ぐため殺処分やむなし」と不用意に国民の不安を煽っていると考えています。このままでは全国の犬の2-5%が感染しているといわれる犬の飼い主が自分の犬をやむなく殺処分するという事態も予測されます。是非、正確な情報を報道いただきますようお願い申し上げます。

以下に、概要を書きます。

1)犬ブルセラはすでに日本の犬の数パーセントが感染済みである。感染犬はすでに市中に多く存在する。(日本の犬1300万頭の数パーセント、仮に約50万頭の陽性犬) 何も問題はおきていない。世界中から集められた資料を検討したが、それほど恐ろしい病気ではない。(陰性化はするが再発の可能性はある)

2)統計学的見地から、1300万頭の中に陰性化した犬約100匹が加えられても、感染源の拡大というほどの問題にはならない。

3)犬ブルセラは他の3種のブルセラと比べていちじるしく弱い菌で、症状も重篤ではない。大阪府の見解は他のブルセラ菌と犬ブルセラを混同していて、正確ではない。

4)またたび獣医師団では治療の方法として抗生物質投与と不妊手術の無償提供を行いたい。

5)元々、交尾が感染の主要因であるから陰性化と不妊去勢によって感染ルートが絶たれる。

6)大阪府の提示しているジョージア州の殺処分例は商業的繁殖施設の経済合理性に基づく(流産による繁殖力の低下)もので、不妊去勢手術を施すペットに摘要されるべきではない。

7)以上の観点から今回の行政による殺処分は合理的でないと考えております。

どうか、正確な情報を報道いただき、ペットオーナーや国民の不安を煽ることなきよう御願い申し上げます。本件に関しては 私どものブログにて詳しく説明されております。

http://blog.livedoor.jp/matatabivets/ 是非ご一読いただければ幸いです。

お問い合わせは

matatabivets2000@yahoo.co.jp

またたび獣医師団 主宰 佐上悦子まで 



今日もひとポチ、応援お願いいたしま~す!
スポンサーサイト
ママリン
ハッチさんこんにちわ(*^-^*)
27日にテレビのニュースで犬の処分が延期になるのを見ました。
また日記に貼らせてくださいね。
おねがいします。
2007/03/01(木) 14:25:48 | URL | [ 編集]
ハッチー
は~い!
たくさんの人に知っていただけるといいですね。
大阪府の対応は早急すぎますね。
2007/03/01(木) 21:12:16 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
ブルセラ症ブルセラ症(brucellosis)とは、ブルセラ(Brucella)属の細菌に感染して起こる人獣共通感染症。家畜との接触・汚染乳製品の摂取を通じてヒトに感染する。1887年、イギリス軍の軍医デビッド・ブルース(Sir David Bruce)によって病原菌が発見された
2007/03/01(木) 03:02:47 | michikoのblog
~ RSPCAインスペクターの活躍の現場から ~2007年3月17日(土) 開場12:30 講演会13:00~16:30Mr. Tony Crittenden, 元RSPCA(英国王立動物虐待防止協会)インスペクター(査察官)の講演が大阪ペピィ動物看護専門学校(地
2007/03/01(木) 20:15:49 | 杏日記
ブルセラ病ブルセラ症(brucellosis)とは、ブルセラ(Brucella)属の細菌に感染して起こる人獣共通感染症。日本においては家畜伝染病予防法に基づく家畜伝染病、感染症法における四類感染症に指定されている。家畜との接触・汚染乳製品の摂取を通じてヒ
2007/10/13(土) 12:58:48 | ゆうなのブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。