--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/03/24(土)
『伊東市営住宅の問題パートⅡ』
 リンクも是非お願いいたします。

先日こちらに書きました伊東市の市営住宅の件ですが、杏さんの杏日記を拝見させて頂き、今いる方々には非がないのだとわかりました。
市からの要請は、退去かペットの処分かペットの譲渡だそうです。
最初からペット不可ではなかったそうですし、ここにきて急にこんな問題が出たのも、今飼っている方々の飼い方の問題ではないようなので、市への嘆願書がたくさん提出されれば、思ったより温情的な結末になるのではないかと思われます。
と言う事で、嘆願書を出しましょう!

11月に静岡大学の学生さんから「授業の一環としてフィールドワーク基礎演習というのがあり、そこで地域猫を取り上げるからインタビューに応じて欲しい」という要請がありました。フィールドワークというのは1年生を対象に、地域の人や物に触れて、自らコミュニケーションを取ることによって実際の社会を肌で感じる事を目的としているそうです(難しいです・・・)公共施設にお出向き頂き、作業を見て頂きその後1時間位お話しさせて頂いたのですが。


20の、学生自信が考えた課題の中、私が関わらせて頂いたのは「ネコミュニティ」と題してまとめられ、プレゼンテーションコンテストもありました。私は仕事で行けませんでしたが、ナント入賞を果たしたそうです。


で、今日素晴らしい報告書が届いていました。
「ネコミュニティ」・・・1年生とは思えない位良くまとまっています。猫の歴史→地域猫→静岡市の地域猫と考察され、私の提案などもコンパクトにまとめて下さっていました。
最後に(静岡大学でも大学猫として管理し生活させる事が出来ると思った)と書かれていたのでうれしく思いました。

何はともあれ未来を担う学生さんたちに【地域猫】をより深く認識してもらえたのではと思いました。若い人たちは心が柔軟で、よく理解していただけます。

ところで、少し前から話題になっていたこの問題。
ペットフードから猫いらず=大回収で飼い主はパニック-米   yhooニュースより
まさかの展開ですね~。


子供のようなこのワンコちゃん。さっきまで銜えて、情け容赦なく振り回してた10歳のナナです。お疲れのようです。


ここをクリックしてください、応援お願いいたしま~す!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。