FC2ブログ
2005/11/18(金)
『ありがとうございます!』
昨日付け(15日)の朝日新聞に、餌やりが招いた人災と取られる悪意的な記事が載っていたので、今後の成り行きを鑑み、冷静ではいられませんでした。
お願いページ」は、こちらです!

リンクを貼って下さった皆様、ブログで紹介して下さった皆様、気にかけて下さった皆様ありがとうございます。
今は詳しくは言えませんが、お蔭様でちょっとよい風が吹いて来たかもしれません。
やっぱり黙っていてはいけませんね~。
そう思いました。皆様の「命」を思う気持ちは素敵で力強いです。

ところで、よく言われます。
よっぱど犬や猫がすきなのね~
って。でもその言葉、いっちばん頭にきますよね。
そうではなく、犬猫でなくても心身ともに痛みのわかる動物には同じ気持ちなんですよ。
もちろん人間にだってそうだけど、人間に対しては「可哀相→何とかしてあげたい→支援したい→カンパしたい→助けに行ってあげたい」と言っても変人とも思われないし、慈悲深い人と思われる。何の遠慮もいらない…言ってみれば市民権のある行為です。
だからあえて人間に対しての保護救済活動はしない。やって下さる方がいっぱいいらっしゃると思うし?!
多分、動物福祉活動をしている人は同じような想いだと思います。
両方できれば勿論いちばん素晴らしいんだけど、こっちの方だけで体もお金も精一杯…
ところで、最近のイライラでちょっと焼け食いな私。
不徳の致す所です。(ゲゲッ、ちょっと太っちゃったみたい!?)
で、ここ2日間、皆さんのブログやサイト周りをさせて頂いて時間がいっぱいいっぱいなのですが、気分転換に「コープスブライド」観て来ました。とっても楽しかったです!

で、今はすっかりウキウキモード。
何事においても「ホットなハート(熱い心)」と共に「クールなヘッド(冷静な思考)」が大事ですね。
それを忘れないようにこのブログに「ほっとはあとぶろぐ」って名付けた私です。
スポンサーサイト



一言
>だからあえて人間に対しての保護救済活動はしない。

どこか論点をすり違えていませんか?
野良猫への餌やりの結果、地域住民が多大なる迷惑を被っていることに対しては、何一つも触れていませんね。
人間が悪い?
卑怯な言い回しですね、そんなに猫が可哀想なら家へ連れて帰ればいいだけの問題です。
わざわざ遠方から車で来て、餌だけ与え、その結果地域住民はいやな思いをする。
餌を与えた人は、自分だけ、癒しを享受しても他人の迷惑は無視ですか? 罪悪感というものがないのですね。
2005/11/19(土) 07:54:10 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/11/19(土) 08:49:15 | | [ 編集]
いくみ
人間は法のもとで保護されています。
餌を与える人に、その猫に責任を問うのは、
本末転倒だと思います。
事故は本人の責任であり、罪悪感をもってほしい点は、餌やり云々ではなく、そこに放置していった人間のモラルのなさだと思っています。
動物は勝手にその場所に住みついたのではありません。
動物の命も人間の命と同じ、尊いのです。



2005/11/19(土) 08:55:53 | URL | [ 編集]
ちゃま坊
マスコミ報道は野良猫排除の声と動物愛護の声の両方を紹介して欲しいです。過激な意見を持つ人はどちらの側にもおります。
双方歩み寄って納得できる工夫を模索してもらいたいです。
地域猫の考え方はそういう所から始まっています。行政でも地域猫を応援してくれる所が増えているので、そういう取り組みを応援して欲しいです。
2005/11/19(土) 11:42:20 | URL | [ 編集]
るん
>だからあえて人間に対しての保護救済活動はしない。


私もハッチーさんに近い感覚があります。
人間は生まれながらに役目を背負っているような気がするのですが、不幸な人間を助けるように生まれた人、不幸な猫を助けるように生まれた人。
ただ役目が違うだけだと思っています。
私にはたまたま猫を助けたいと思う機会があった。ただそれだけです。


住民の迷惑を考えるなら、野良猫を作った諸悪の根源「捨て猫をする人」を絶たないと意味がありません。
捨てられた猫は被害者なんです。


野良猫の被害を受ける人もある意味の被害者だとすれば、双方が歩み寄り、これ以上の被害を出さないよう工夫すれば良いだけの事。
ただ命を奪えば・・という短絡的な考えしかできないのでは、何のための人類の頭脳なのかわかりません。


いくみさんがおっしゃるように、猫は好きでそこに住み着いたのではありませんし、ちゃま坊さんのおっしゃるように、地域猫という考え方が人としての美しい道のように思います。
2005/11/19(土) 14:32:17 | URL | [ 編集]
ハッチー
私が書き込むまでもなく、皆様が的確なレスを入れてくださって、本当にうれしいです。

一言様
こんなサイトに貴重なご意見ありがとうございました。
一般の方のかなりのパーセンテージで、このようなご意見の方はいらっしゃるというのは肝に銘じております。
で、餌をやっている人にもいろいろなやり方の方がいる事はご存知でしょうか?
ちゃんとルールに則ってやっているのは、地域猫活動と言って、動物福祉に前向きな自治体では、奨励こそされバッシングの対象にはなっておりません。
その活動が何故奨励されるのかと言うと、命を大切にしながら、猫をどんどん減らすことが出来るからです。
前にもNHKの朝のニュースに新宿区の職員が出てこられて、丁寧に説明してくださいましたが、生命の尊重と、野良猫の数を減らすという両方を満たすやり方はそれしかないというのが通例になってきています。

野良猫の餌やりと不妊活動を一緒にやっている私たちも、野良猫の数を減らしたい一心なんです。
本当に、野良猫なんていなくなって欲しいです。猫の命を守りたい人、迷惑な行為に我慢がならない人、双方の願いは実は同じなんです。

餌やりと不妊活動はセットにされるべきで、片手落ちだったら、その普及に市や指導センターは労力を費やすべきなんです。
その対処が書かれていなくて、あくまでも指導センターとは名ばかりの殺害所に持ってくしかない様に書かれていたので、それも抗議の対象になっています。

一言さんのおっしゃっているのは、記事をそのまま反芻されていらっしゃるだけで、本質をわかろうとしてくださってはいません。
餌やりの仕方云々はさて置いて、始めから交通事故自体が餌やり人と、野良猫のせいと決め付け、論点がずれているのです。

それと野良猫問題は、本当は別個の問題なんです。
一言様自体は野良猫問題に苦言を呈したいというお方かと思いますが。
では生命の尊重と、数を減らす事、両方を満たす方法をご存知でしょうか?
ご存知だったらお教えくださいませ。

こちらにご意見を書き込み頂いたことで、少しでも、お考えいただけますとたいへんうれしいです。
2005/11/19(土) 16:01:31 | URL | [ 編集]
厩務員
動物に興味の無い方は多分,TNRという事さえ知らないのでしょうね? ただ,野良猫に餌をやり、いたずらに猫を増やしていると言う印象なのでしょう。私達もかなり一生懸命広報活動をしているのですが、残念ですね。  今回の事で、私達の活動を新聞が取り上げ、記事にしてくれれば少しは理解してくれる人も多くなるのではと期待してます。
 野良猫など居ない、動物の殺処分0になる日までは遠い道のりなのかもしれませんね。
2005/11/19(土) 19:44:49 | URL | [ 編集]
みぃ
私もあまり人間関係の寄付はしてませんが、古着を送ったり、地震の時のカンパとか、フェリシモで毎月募金はしてますねー<微々たるものですが
基本的にカンパするときって、人間のためという感じではなく、地球環境のためというか緑地化とかWWFとか。あ、盲導犬とかレスキュードッグ育成とかは人間のためか?
何というか自分の中では、数で云うと動物救済カンパの方が少なそうな感じがして、ついそっちに気が動くんですよね~。
動物愛護に関わっている人に、本当にそれ‘だけ’の人っていないんじゃないかなーと思いますけどね。

中途半端に、自転車で通りかかってえさをばら撒いてくような人には、私も迷惑してますが(-_-;) ここに来てる人は、そういう人の尻拭いもまた、している人たちなのに。

<ちょっと修正させていただきました。通りすがりではないようですので
2005/11/19(土) 23:28:14 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: