--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/05/19(土)
『本の紹介、2冊』
先日お店に行くために街を歩いていると、視線を感じてある書店を見てしまいました。




「猫がいてよかった」


高原鉄男初の著作:「猫がいてよかった。」
猫と人が紡ぐ様々な人生を20のストーリーと25の描き下ろし新作の絵で贈ります。

見にくいんですが、上部に猫柄のTシャツが飾ってあります。高原さんの素朴でしかもしゃれた猫の絵が印象的です。

そして、SASA japanの田辺リューディアさんからメールを頂きご紹介がありました「永遠の絶滅収容所」です。
田辺さんからのご紹介文を添付させていただきます。

さて、今回、チャールズ・パターソンの「永遠の絶滅収容所」、戸田清訳、(Charles Patterson, Eternal Treblinka)ご紹介できることをとても嬉しく思います。

チャールズ・パターソンの著書、「永遠の絶滅収容所」はとび抜けて素晴らしい本です。
これまでどこの国でもタブーとされていた、人間をあるがままの姿で描くということをやってのけました。
すなわち長い歴史を通じて人間を、同じ人間のみならずもっと多くの動物たちも虐待してきた「動物」として描いたのです。
そのような虐待の最大のものとしてホロコースト(ナチスによるユダヤ人大虐殺)及び動物の大量虐殺を取り上げています。

パターソンはこの本の中でとりわけノーベル賞作家であるユダヤ人、イサーク・バシェヴィス・シンガーを引き合いに出し、「動物にとっては毎日がトレブリンカなのだ。」という彼の有名な言葉を引用しています。この本はまた彼に捧げられたものでもあります。

パターソンはしかし、歴史家としてまたホロコースト研究家としてその歴史的背景をよく探究し、納得のいくように今日の状況と関連づけています。
真相を暴き、何人も容赦せず、ある章では日本の歴史に関する、これまで言及をはばかられてきた部分にも触れています。

またこの本の特異性は、その成立過程からも明白に見て取れます。
パターソンは4年をかけてこの本を執筆しましたが、これを著名な歴史家として出版しようとしたとき、この原稿は82のアメリカの出版社から拒否されました。
このような物議をかもす著作は引き受け手がなかったのです。

しかし2002年になってようやく出版にこぎつけるや、瞬く間に世界中に広がりました。
これまでにドイツ語、イタリア語、チェコ語、ポーランド語、クロアチア語、ヘブライ語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語に翻訳され、今ここに日本語版ができあがったのです。

2年前にパターソンさんと知り合った時、本を出版することを考え始めたのですが、アメリカと同様に日本の出版社も、ご協力を頼んだ翻訳者も、著書の内容にしり込みして協力を断られたのでした。

ようやく、長崎大学環境科学部准教授の戸田清先生(シンガーの名作「動物の解放」等の翻役者)にご翻訳いただき、緑風出版社から出版していただくことによって、日本でもこの歴史的な本の出版を実現できました。
思ったより大きなプロジェクトで、地球生物会議(ALIVE)の東さんと宮路さんも手伝って頂きました。

決して読みやすい本とは言えないのですが、シンガーやレ-ガンと並んで動物権の基本書となる著作だということは確かです。是非、お読みになってみてください。

http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31884937
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31884937
等々でご購入は可能です。

これからもよろしくお願いいたします。
田辺リューディア
SASA Japan
www.sasajapan.org


ところで昨年10月からお店を手伝っていますが、昨年中はその定休日の水曜は勤めていた職場で働き、12月27日に退職してからは暮も正月もなくお店に出ていました。G・Wも祭日も休まずやっと半年。
ちょっと命の洗濯をしに、明日から24日まで旅行に行ってまいります。

ご本の紹介にどうかひとポチお願いいたします。

ここをクリックしてください。
スポンサーサイト
と・ろ・ろ
高原鉄男さんの描く猫たちって
何か考えさせられる、
何かを訴えている猫に見えますよね。

お店のお手伝い大変ですね。
そうそう!時にはリフレッシュが必要です。
心にゆとりがないと、笑顔でお客様を迎えられません。
とにかく好きなことだけして、のんびりね!!
私もプレ更年期なのでしょうか?
地獄へ引きずり込まれそうに具合が悪く、
週一の休みも横になって終わってしまいます。悲しいわぁ。
2007/05/20(日) 13:05:15 | URL | [ 編集]
髪型
何度か時間がある時に拝見させて頂いております。
更新を楽しみにまた見にきますね(*ゝω・)ノ
2007/05/23(水) 23:21:47 | URL | [ 編集]
ハッチー
と・ろ・ろさん
とろろさんもお仕事柄タイに行かれてますよね。
とても楽しかったけど、如何ですか?
ナイトバザールやパッポンで品物を値切って。
それもまた楽しかったです。

2007/05/26(土) 04:14:27 | URL | [ 編集]
ハッチー
yukaさん
お住まいはどちらでしょう。
今子猫はかなり貰い手がいますので、里親探し頑張ってください。
きっと大丈夫ですよ~!
2007/05/26(土) 04:15:57 | URL | [ 編集]
ハッチー
髪型さん
ありがとうございます!
こんなサイトでもそう言っていただけると励みになります!!!
うれしいですよ~
2007/05/26(土) 04:16:58 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。