--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/05/26(土)
『引き続き、タイの猫』
おねがいしま~す!

お試し飼いに沼津の里親候補様のお宅に行ったのですが、始めて猫を飼われたご主人に高度のアレルギーが出てしまいました。
そんな訳で泣く泣くお返しに。。。1ヵ月半のスモークサビチャン、もちろん女の子。里親様募集中です!!!人懐こくて元気いっぱいです!!!

岐阜は愛犬都市日本一 捨てられ、迷子…“救済”6割 (中日新聞ニュースより)
全国平均では9割以上が処分される中、60%以上の譲渡率だそうです。

「不幸な犬が1匹もいなくなることを究極の目標にやってきた。こんなうれしいことはない」。今月18日。岐阜市保健所環境保健室の佐藤文勝獣医師(47)が目を細めた。

国で、自治体単位の表彰式を是非やって欲しいです。毎年ニュースになってどこの自治体でも里親会が盛況、、、なんていいな~~
もちろんそうなれば手放す人も問題視されるだろうし。。。

市の畜犬管理センターの犬舎は6匹分。犬が犬舎からあふれれば殺処分を検討せざるを得ない。このため保健所では、飼育を放棄して子犬を持ち込もうという人には、愛犬さがしの会の当日にあらためて持ち込むよう依頼。可能な限り、犬舎があふれるのを避ける努力を続けている。
やればできるという事ですね~。

文中
▽犬の譲渡率上位10自治体(2005年度)
(1)岐阜市61.8%(2)静岡市44.4%(3)横須賀市44.1%(4)神奈川県38.8%(5)長野県36.8%(6)石川県35.7%(7)愛知県34.2%(8)函館市33.2%(9)千葉市32.7%(10)名古屋市32.4%  (全国平均)6.9% 

我が静岡市2位です(2005年は) 
全国平均6%でも死なせないという気持ちがあれば60%にすることが出来るのです。同じ日本だし、同じ日本人ですから・・・

タイで出会った猫たち。


ナイトバザールに行く道すがら会った子



ナイトバザールのフードコートで食べ物をくれるのを待っている



鶏肉をあげたら食べた



ナイトバザールのお店の看板猫



お寺の入り口にいた子

他にもお寺や露天の横にいました。轢かれていた猫を2匹見ました。事故は多そうですね。バンコクはとても大きな都市で交通渋滞もすごいんです。車も多いし、その間をぬってたくさんのバイクが走っています。壮観です。轢かれるのも無理はありません。

ノラ犬よりノラ猫の数が少ないと思いましたが、ネズミなどもたくさんいるし残飯も多そうですから、野良猫も生きていけそうです。
キャットフードなどは食べられそうも無いので人間の残り物でしょう。みんな痩せていて、太っている猫は皆無でした。
タイの辛い残飯では下痢して太れないのかも?
それかタイはご存知のように、昔はシャムと言ってシャムネコの発祥地ですから、猫はスリムなものが多いのでしょうか?

メス犬を見て思ったのですが、おっぱいが脹れている犬が多かったからきっとどこかで産んでいる。その子達はちゃんと育っているのでしょうか?!
多分自然淘汰。。。って感じなんでしょうね。
本当に、いろいろ考えさせられました~。


ここをクリックしてください。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。