--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/05/29(火)
『よちよち軍団の里親探し。』



   


     

          


    
先日動物指導センターの所長から電話を貰いました。
指導センターに、「子猫が捨てられていたけどそちらに持って行ったら処分でしょう。どうにかして生かしたいから相談に乗って欲しい」という依頼があったそうです。つまり私に「里親探し手伝ってあげて・・・」というお電話でした。

今日封書で写真が送られて来ました。見つけたのは、目が開いたばかりだったけれど、拾ったその方がお仕事の傍らミルクを飲ませてくれ、やっと見られるくらいになりました。お世話はしてくれるようですので、是非頑張って貰い手さんを探せたらと思います。

ところで、この子猫の場合もそうだと思いますが、明らかに遺棄の場合は警察に通報しましょうと環境省もいっております。こちら,pdf
私は自分では滅多に遺棄現場に遭遇する事は無いのですが、里親探し依頼や、情報はたくさんもらいます。
遺棄に遭遇して見過ごせない人は「ああ、見つけちゃった!何とかしなくては」と、腹立たしくもあるのだけど、暗黙の内に(仕方ない・・・)と自ら保護し、時間や金銭を費やして犠牲になる。

「捨てる人あれば拾う人あり」、みたいな。いつまでもそれでは何も変わらないと思うのです。
浜松市の溝淵さんが言うには、ある動物病院の前に子猫が遺棄されていた。警察を呼んだら、来たお巡りさんが、「入れてあった箱から指紋を採取しましょう」と言ったそうです。
こんなお巡りさんは、お巡りさんの鏡です!
多分静岡市にはいないでしょう。浜松市では先駆のボラさんたちが、長年遺棄を警察に告発し続けてきたという素晴らしい経緯があります。警察をも変えて行っているのです。
どこでも、続けていけば広がっていくのです。少しづつでも遺棄が減るように、そういった啓発、啓蒙活動も意味があると思うのです。
「遺棄を見つけたら警察に!!!」それが当たり前の世の中になり、遺棄が一件もなくなるよう願って止みません。


ここをクリックしてください。
スポンサーサイト
蚤杉
うちのてん(犬)も遺棄でしたが、今まで思いつきもしませんでした。
少しづつでも遺棄が減るように
もしもまた遺棄を目撃してしまう事があったら警察に!!

よちよち軍団みんなに素敵な家族が見つかりますように!!

ありがとうございました、タイの旅行記楽しかったです。
そして考えさせられました。
宗教と言うと日本人は新興宗教的なものを想像する方が多いですが
“殺生を戒める”哲学と倫理観は必要ですよね。
2007/05/30(水) 04:16:11 | URL | [ 編集]
ママリン
生体の遺棄をみつけたら警察に・・・
この部分から日記を書かせてもらいます。m(_ _)m
2007/05/30(水) 08:15:35 | URL | [ 編集]
ハッチー
蚤杉さん
遺棄は犯罪と法で定められているのに、通報する人は
少ないのが現状です。
それでは法は絵に描いた餅です。
警察官でも知らない人が多いかも?!
啓蒙の意味でも全国で通報した方がいいのではと
思います。

タイは不思議な国ですね。
オカマさんも多いし、普通の売店や空港の売店などにも
シャナシャナした男性が普通にいてビックリしました。
そういう面では固定観念が薄いかも・・・
2007/05/30(水) 23:04:10 | URL | [ 編集]
ハッチー
ママリンさん
宜しくお願いいたします。
2007/05/30(水) 23:22:51 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。