--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/06/06(水)
『ソックスをはいた可愛い子』





手は手袋をしていて足は片方が靴下で片方はハイソックスをはいてます。オスで生後1ヵ月半くらい。。。可愛いですね~、私が欲しいですゥ(ムリ)
では、「どうか良い里親さんが見つかりますように」パンパン

ところで、『ペットと幸せに暮らす』という冊子をいただきました。


副題は「千代田区 人と動物の共生ガイドブック」製作・発行は千代田保健所生活衛生課です。今年の3月発行された、実に112頁もある立派な本です。始めに区長の言葉があります。
「人と動物の共生社会の実現に向けて」
中略・・・
共生は人間社会においてのみ語られることではありません。他の生き物を尊重する、つまり多様性を認める寛容さこそが共生社会の基本になります。人と動物は、生きものとしての「種」は違いますが、地球で共に生きる仲間。排除すべきものではありません。いいかえれば、地域社会での人とペットの共生が地球での人とすべての生きものの共生へとつながっていくのではないでしょうか。 後略



ペットは地域の一員でもあります。

地域猫にも触れています。


「飼い主のいない猫」の虚勢・不妊手術費助成事業。区と区民が共同で取り組んでいます。

素晴らしい区ですね。

ここをクリックしてください。お願いしま~す!
スポンサーサイト
かぜのお~
当、Blogにご訪問頂き有難うございます<(_ _)>

たとえ野良であっても地域猫として保護されるように
全ての自治体が力を注げば不幸な猫たちも
減っていきますよね。

拙いBlogですが宜しければ又、遊びに来て下さい^^
2007/06/07(木) 00:09:40 | URL | [ 編集]
ハッチー
かぜのお~さん
不幸な猫がゼロになるよう心から願っています。
意識改革ですね~
田舎ではまだまだですが、都会がリーダーとなって
地域猫活動を進めてくれればもっともっと浸透していくと
思います。
未来は明るい、、、と思いたいですね!
2007/06/07(木) 00:34:35 | URL | [ 編集]
厩務員
千代田区で地域猫活動に尽力されたボランティア(千代田にゃんとなる会)の栗原さん、香取さんに私も一昨年お話を伺いに行って来ました。
住環境などの地域差も有ると思いますが、地道な努力と忍耐、そして行動力、私達の意識改革も必要なのだと実感しました。行政を見方にする方法なども、、見識の深い方達のお話には教えられる事が一杯です。 
御紹介の冊子もその成果ですね、行政と一体になったボランティア活動こそ目指す所ですよね。ハッチーさん達の努力の成果も出始めているようですし、同じ静岡県内としても奮起させられます。(と言ってもな~んにも出来ないですが)
2007/06/08(金) 13:01:00 | URL | [ 編集]
ハッチー
厩務員さん
千代田に行かれたんでしたね。
実際、千代田区の現在もボランティアさんの努力があったからこそなのでしょう。
どこもそうですね。新宿、磯子、、ボランティアさんとそれに続く行政の方の熱意があったからこそと言えます。
私など何の努力も無いのでお恥ずかしい限りですし、忍耐力も皆無です。
ほんの少しでも近づければいいな~と、思うばかりで。。。
私もな~んにもです。
でも一緒に頑張りましょう!
2007/06/10(日) 00:13:18 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。