--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/08/01(水)
『峠かも・・・』


昨日の夜半から呼吸困難な状態が続き、鼻血も出だして。
今日は朝一で病院に…

先生もビックリして取りあえず酸素吸入をし、高酸素室に入れられました。レントゲンを撮りたいとの事で、お昼には一度電話を下さり、その後夕方にお迎えに来てと。レントゲンでその後の対応を考えるとの事。
呼吸も苦しそうだったけど、お腹がやけに張っている感じがして、
「胸水とか、腹水が溜まっているという事はないですか?」と聞くと、先生は「腹水が溜まっているかもしれません」と言いました。

お昼過ぎに電話があって、「バレンタインハートと言って、猫特有の心筋症を併発しています、」
何かで見たことがある病気。その時はちょっとしゃれた病名くらいにしか思っていなかったけど、心筋症、心筋梗塞とすれば多分もう…

心は沈みユラユラして落ち着かないまま6時に迎えに行きました。
バレンタインハートというだけあって、レントゲンで見る限り心臓がハート型になっています。
先生が言うにはその場合、2種類の形状があり、肥大して外側が薄くなるのと、小さくなって外側の壁が厚くなる、レオ君の場合後者です。それで血流が悪くなって胃と腸が膨満してしまい、周りの臓器を圧迫してしまう。肺も押されて肺水腫を起こします」
悲しい事?に、レオの他の臓器は異常なくみんなきれいでした。

先生は、処置として背中から針を入れて空気を抜いたと言いました。その時レオが、(それは違うだろう)と言うようにムッとしたようだと。

「ここにいても、お宅に帰っても一両日中だと思います」
私は、「こんなに苦しそうなら眠らせてあげて欲しい」と言いました。
すると先生は、
「レオ君は私がなでるともっとなでろって、5分もほおっておくと、目で呼ぶのですよ。『レオ君』って声を掛けると頭を起こしてこちらをジット見るんです。一緒に戦って欲しいと思っている。それがなければ眠らせてあげてもいいけど、レオ君は一緒に最後まで戦ってくれる事を望んでいる」

(それはちょっと違うと思う…)

今、家に帰ってきて、ずっとずっと苦しんでいます。身の置き所がないという感じにあっちにふらふらこっちにふらふら。七転八倒。それでもヨタヨタしながらトイレに3回。
お水をあげたら飲んで、前足で何度かチョイチョイと付けたけど、いつもの様にそれを口にもって行く事はありませんでした。


みんな同じです。意識がなくなるまでが本当に苦しい。
私に、「何とかして」と訴えている、そう思えます。
「お水って言うとお水が目の前に出てくる、何かおいしい物!って言うとおいしい物を買ってきてくれた。お外に出たいよ~って言うとお外に出してくれたのに。。。なんで助けてくれないの、お母さん」って。


早く楽になって欲しい…
もう頑張らなくていいから。ごめんね、ごめんね。助けてあげられないよ。また生まれ変わってここに来て。あなたが世界一大好きだから、ありがとうね。
ずっとそう言い聞かせているのだけど…


レオは女の子にとっても人気があったから、先に行った、かすみ(レオが1歳くらいの時「ウチに来ればご飯があるよ」ってノラ猫さんだった子をナンパ?してきた、避妊してあげたのだけど、ある日交通事故で死んでいた)、シェリー、あびちゃんたちに早くお迎えに来てあげてってお願いしているのだけど、なかなか来てくれません。
スポンサーサイト
ママリン
ハッチーさん辛いですね。
レオくんへ 立派に戦ってえらいね。
レオくんの姿におしえられます。
2007/08/02(木) 09:26:25 | URL | [ 編集]
とら
はっちーさん 言葉がみつかりません レオ君の苦しさ、ハッチーさんの辛さみんなで分け合えるものなら私も分けてもらい、少しでも楽になればいいのに・・・・・ 今はがんばってください
2007/08/02(木) 09:38:45 | URL | [ 編集]
みぃ@笑う猫と冒険
「頑張らなくていいよ」と云っていて、レオくんがそれでも頑張っているのなら・・・・・・彼は頑張りたいんじゃないんでしょうか。

でも、レオくんと通じているハッチーさんが、思うとおりにされるのが一番だと思います。
病院の先生より、ハッチーさんが思うレオくんが本当のレオくんでしょうから。


うちの夏も、人や猫があまり来ない玄関にいることが多いです。かかりつけの先生がレントゲンを見て「小さい心臓だなぁ・・・」と、ぼそっと云っていました・・・・・・。
2007/08/02(木) 16:37:08 | URL | [ 編集]
しんちゃん
見ているだけって言うのは本当につらい物です。
私は最初の子が手術したら治ると言われて手術しましたが、
5日後なくなりました。
見守っている間、私が心配している顔を見てはよけいに不安だったようです。こちらの動揺が伝わってしまします。
「ギャッ」という声を上げたあと、あの世に旅立ちました。
楽になれたねとホッとしました。
2007/08/02(木) 22:34:51 | URL | [ 編集]
るん
そうですね。
一秒でも長く生かせてあげたいと願うのは本人が苦しくないからこそ・・・。
苦しくて苦しくて辛くて・・・・そんな気持ちが伝わってくるなら、死を願うのは愛こそあれ、不謹慎とは思えません。
私自身そうでしたし・・・。
何も食べずやせこけて、トイレの中でたたずんでいる姿を
見たときは涙が出ました。(真冬でしたし)

ハッチーさんのお辛い気持ちを思うとうまい言葉がみつかりませんが、
レオ君ほど愛された猫もそうそういるものではありません。
なんて幸せな猫生だったことだろうと思います。
きっとレオ君もそう思っていると思います。
2007/08/02(木) 23:30:44 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。