FC2ブログ
2007/09/02(日)
『月命日』
レオが旅立ってから今日で一月が経ちました。

本当に早かったです。寂しさを感じないように、考えないようにしてしてきました。幸いワンコニャンコの事で頭がいっぱいだったので考え込んだり思い出にふけったりせずに済みました。良かったです。

それもちょっと落ち着いた今は、ゆうたが来ておしっこをそこら中にしてくれ、悩まされたり、面白い顔で癒してくれたり…

だから時々思い出すと胸がきゅ~んとなるけど、そんなに重症でもなく気分は紛れています。ありがたいことだと感謝しています。
そしてそう辛くないのは、きっといつもどこにでも『私の傍の空間』にいるから、、、そう思っています。


いつも保護猫みんなのお父さんでした。
左の猫は、ある施設から保護して里親を探そうと思った矢先に膿胸で死にました。真ん中のウチの子シェリーはネフローゼ症候群で亡くなりました。シェリーとレオは仲が良かったから、葬儀場に持っていくまでに亡骸の入った箱に入り、添い寝したレオでした。


あびちゃんも事故で亡くなりました。他の猫とは仲良く出来なかった子でしたが、レオだけは例外でした。


きゅうちゃん、野良猫で本当になれなかったけど、レオにだけは心を許していました。子分みたいに慕っていました。


魂はそばにいるけど、今に生まれ変わって、実体になって出会えると信じています。楽しみです。

話変わって、里子に行った銀牙君のブログ
私なんかよりずっと素晴らしい飼い主さんです。


ここをクリックしてください。応援お願いしま~す!
スポンサーサイト



たらちゃんパパ
レオ君のお話、本当にほろりとする、と言うか、胸にしみますね。
見かけも心も、本当に大きな子。

いつも傍にいる、と思ってもらえてレオ君も幸せでしょうね。
「分かってくれている」・・・って。
そろそろ、「さぁ、次は誰になって戻ろうかな」って考えてる頃かも。

暖かいお話をありがとうございました。
2007/09/03(月) 17:28:34 | URL | [ 編集]
ハッチー
たらちゃんパパさん
いつも応援ありがとうございます。
レオは猫ばなれした猫でした。

外に出て行くときも、後ろから「シラス~!」って言うと
くるっと向きを変えて帰ってくるのです。
もちろんシラス食べたいから(爆)
猫じゃないでしょう?!
言葉がかなり解っていました。
1~2歳の時はスズメとか良く獲って来ましたが
殺してなくて、私が「逃がしてあげようね~」って言うと
私の膝に手をかけて「解った」って。。。
それで逃がしてあげても文句言わないんです。

あびちゃんは、文句言いながら又追いかけていきましたけど。
って言うか一撃で殺している事の方が多かったです(--;
2007/09/03(月) 22:43:08 | URL | [ 編集]
CAT
ありがとうございます。
当たり前のことをしているだけなのに、照れちゃいます(^^ゞ
ハッチーさんのような方に、こんな風に言っていただけて、うれしいです。
ハッチーさんみたいには出来ないですけど。。

レオ君、とっても素敵な猫ちゃんだったんですね。
読んでいて、ジーンと来ました。
レオ君みたいになるように、銀牙の子育て頑張りますね。
2007/09/04(火) 17:59:49 | URL | [ 編集]
ハッチー
いえいえ私はかなりずぼらなんでお恥ずかしい次第です。
銀牙君、やんちゃだけど、優しい所のある子だから
きっとイイ子に育つと思います。
楽しみですね!
2007/09/05(水) 01:48:28 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: