--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/10/10(水)
『殺処分の様子を写した番組』
猫の集会場でちゃま坊さんがTVスッキリ(朝のワイドショー)で取り上げた動物管理センターでの犬の処分の模様を(ユーチューブ)リンクされていました。
前にここに載せたセブンディズの大石さんも取材に協力していらっしゃいました。「犬に変わって自分が世に知らしめなきゃいけない」と言うような事をおっしゃっていました。

本当に見るのも辛い内容です。しかしながらよく取材してくれたと思います。
先日同級会に行ったと書きましたが、その時私が動物ボラをしていると言ったわけではないのに、昔仲が良かった友人が、その番組の話を熱く語っていました。
「知らなかった、、、番組を見て泣けた。人間はひどい。人間嫌いになってしまう」と。

見るのは辛いけど、良心がある人ならきっと心にぐさっと来ると思います。子供だったら心の片隅に突き刺さって忘れないでしょう。
そしていつかそんな場面に遭遇した時思い出し、人間としてやってはいけない事と思わないだろうか・・・(思って欲しい)

もう臭い物にフタの時代は終わったのです。税金で、身勝手な人の後始末をしている、罪のないものを殺している現実をもっともっと考えて欲しいです。

猫の処分の問題で言えば、その出発点に、野良猫の捕獲や未避妊猫の妊娠があるのに、肯定する人は「猫の被害を考えないのか?!被害者はどんなに嫌な思いをしているか!」と声高に叫ばれます。
それだからって「殺せばいい!」と言うのは英知を持っている人間のすることではありません。
猫の命を大事にしながら猫による被害を減らす。
その理想が地域猫活動なのです。肯定する人は、人間に被害を及ぼす物はどんどん処分すべしと言っている訳です。

自己のちょっとした被害の為に何でも殺すって、、、究極のエゴイズムだと思うんですが・・・





ここをひとポチしてください。応援お願いしま~す!
スポンサーサイト
タラちゃんママ
私の友人もその番組を朝見て、激しいショックを受けていました。みんな知らないのです。
私もドリームボックスなんてひどい名称は知りませんでした。

保健所でここに来た子たちがどうなるかというビデオを見せてから、引き取るようにしたらどうでしょうか?それを見ても、捨てていける人はいるのでしょうか?人間の心をもっているなら。
2007/10/11(木) 17:51:39 | URL | [ 編集]
ハッチー
タラちゃんママさん
私もそう思います。
それでも仕方ないのだという人はどうしようもないのだけど
心のの中に何かが残るはず。
それくらい必要だと思います。
2007/10/12(金) 02:13:37 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。