--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/02/11(月)
『ネットで迷い犬猫を』
2011 002kyu

久々のきゅうちゃんアップ!元気ですが寝てばかり・・・

さて、捨てられていたちびワンですが、ラウルママさんとご主人様の家族になりました!
「ラウルのぐぅ~たら日記」で様子を載せてくださっています。
本当に良い方にもらって戴き感謝でいっぱいです。
幸せが約束されています。


ネットで迷子をという件ですが、こんな記事がありました。
「迷い犬・猫全県検索県HPに表を掲載 山梨県」読売新聞

全県内網羅して載せると書いてあります。
今の時代それくらい簡単に出来るので全国でやって欲しいですね。


ところで、昨年の10月に亡くなったボランティアの先輩。独居だったので残された16匹の猫の引取り先に頭を悩ませました。
6匹のなれた子たちは貰い手が見つかったのですが、他の猫たちは家庭内ノラちゃんだったため、昔からいっしょにレスキューしてきた先輩の友人Sさんが引取ったのですが、そのお宅も30匹の大所帯だったのです。

なので都合40ひきになっちゃったのですが、ナント驚く事に3日ほど前に、今度はSさんが亡くなってしまいました。
高齢で末期すい臓がんだったそうですが知りませんでした。Sさんにはご主人がいらして二人暮しだったのですが、ご主人も肺がんで入退院をされてて、Sさん亡き今は娘さんのお宅に身を寄せているそうです。

無人の家に残されている猫40匹が心配になって問い合わせると、隣に住んでいる息子さんが、毎日5時に起きて世話をしているそうです。何でも高齢のSさんがお世話をしていた時よりきちんと綺麗にされているとかでかなり安心しました。

亡くなったおふたりとも、少し前まで元気でしゃんしゃんしていたので信じられない気持ちですが、逆に人間いつ何があるか判らないな~と改めて思いました。
不幸な猫をたくさん保護してあげたいという気持ちは痛いほど解るのですが、やっぱりこうなると最後は自分も意識がなくなり周りに迷惑をかけてしまうのです。
という事で、改めてレスキューの怖さ難しさを感じてしまいました。


ここをひとポチしてください。応援お願いしま~す!
スポンサーサイト
ねこまんま
ええっ!40匹を残して亡くなられたとは…
さぞかしお心残りだったのではないでしょうか。
ご冥福をお祈りいたします。
息子さんがお世話をしてくださっているとのこと、ホッとしました
でも、ずっと続けていかれるのは大変なのでは?
たしかに行き場のない猫を見ると放っておけない…でも自分の身にも何が起こるかわからない。
そんな時、あそこの団体が本来の目的どおりの良い場所であったらと願わずにいられません。
本当は行政がそんな場所を持ってくれたら一番良いのですが…
絶対に無理ですよね。
「動物にやさしい静岡県」なんて素敵なキャッチフレーズで
観光客倍増につながったりするんじゃないかと思うんですけど?
2008/02/12(火) 21:25:02 | URL | [ 編集]
ハッチー
ねこまんまさん
<本当は行政がそんな場所を持ってくれたら一番良いのですが…
先のブログのように、留置の3日分の餌代でさえ、税金を使うな!
との声が多いのです。
行政が、、、というより国民が許さないし、そんなレベルではないのでしょう。
捨てるのも国民、餌をやるなと言うのも国民です。
動物福祉の民間レベルの意識を上げる、これが結局は早道かも?
2008/02/12(火) 23:21:25 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。