--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/02/13(水)
『マリリンに、「シャ~」って言われた(--;』
2013 yuta

「おとうしゃん、ボクにもおいしい物くだしゃい」
とねだる可愛いゆうた。←親ばか炸裂。。。


今日は又映画観にいっちゃいました。
やわらかい手」です。
なかなか良く出来ていました。ほんわか温かくなり元気が出る映画です。

ところで最近、(あの人(猫)どうしているかな~?)と思うと、連絡が入るという怪奇現象?がなぜかおきています。
私には霊感が皆無だと思っていましたが、突然ムクムクとでて来たのかな???
というか、まず偶然でしょう←はやっ!

リラックス~~♪

今日は、一昨年に保護して里子にやった猫のマリリンのオウチから電話がありました。数日前から不思議と気になってたんですよ。


一昨年の募集に偶然応募してきた里親さん宅がウチから歩いて5分のお宅だったんです。それも私が勤めていた病院に来てたご家族で。
本当に偶然と言うか因縁めいているんですが、マリリンはその病院の違う患者さんの猫だったんです。独身でアル中で病気もあり、世の中に適応できないほど優しすぎる人だった。

よく「猫を残して死ねない」と言っていたのですが、ある日52歳の若さで残して死んじゃったんです。

男性の家族に、何のためらいもなく保健所に連れて行かれる予定だった10歳のマリリンを、間一髪で救えて良かったのですが、それにくわえて最高の里親さんが授かったのは、他でもない亡くなった元の飼い主さんの魂のお陰だと本当に思いました。


「猫砂(パインウッド)があったら譲って下さい」というお電話だったので、買い置きを持って行ってきました。
里親さんが、寝ていたマリリンを玄関に抱っこで連れてきてくれたのだけど、何度もシャ~ッと言われてしまいちょっとガックシです。ヒマラヤンの気難しいお姫様でウチで保護したときもアレレって感じの猫さんだったから、想定内でしたけどね(--;


ここをひとポチしてください。応援お願いしま~す!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。