FC2ブログ
2005/12/16(金)
『三保の捨て猫を預かりました。』
昨日聞いた話ですが、『三保の松原』で有名な清水地区の三保の一部の地域では、自治会長が猫の愛護に理解があり、毎年自治会から2万円を、愛護活動をしている人達にくれるという。
額としては少ないけど、自治会独自でその為に予算を組んでくれるなんてうれしいではありませんか。
そして、たまに猫に餌をやるな等と文句を言う人がいると、「自分が3日も飢えてみろ!」と言ってくれるそう…
田舎で、地域猫活動なんて知らないでしょうに、その気持ちがうれしいですね。レオ
でも先日聞いた三保の別の地域の状況は決して良くないものでした。
観光地なので捨てていく人が後を絶たず、また安易に(猫ですよ)リードもしないで、犬のような感覚で連れてきて、驚いた拍子に逃げられ仕方なく置いて帰る…。
そんなびっくりするような事が実際に多いそうです。
そんなこんなでご多分に漏れず、かなりの数の猫がいるとの事。
で、少し大きくなってから捨てられた長毛の生後8~9ヶ月の女の子、話を聞いてあまりに不憫だったので、預かる事に決めてしまいました。

今日の夜、その子通称?「モコちゃん」が来ちゃいました~~。
まだまだ馴れないので、娘の部屋に放したけれど、ベットの下に入ったっきり出てきません。そんな訳で、写真はまた明日。
スポンサーサイト



と・ろ・ろ
「自分が3日も飢えてみろ!」
その言葉だけで十分です。
お世話している方も救われますね~

昨日悲しいことがありました。
伊豆高原に転居された方から
1年ぶりでTELがあり
私が里子に出した犬が5分ほど目を離した隙に
行方不明になったと。

里子に出して10年以上たちヨロヨロの老犬。
近所の方が車に乗せているのを目撃したとか・・・
失踪してから半年以上たち警察・保健所など
探し回ったけど出てこなかった。
飼い主さんの元で天国からのお迎えを待つばかりの老犬に何がおこったのか。
幸せになれたのにどうして?
悲しくなりました。
2005/12/17(土) 13:12:29 | URL | [ 編集]
ハッチー
最後に…?!
どうなっちゃっているのか、心配ですね。
最後まで幸せであって欲しかったですね。
無事でどこかで飼われていると良いのですが。
2005/12/17(土) 20:02:50 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: