--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2005/12/23(金)
『モコちゃんの事と所長のこと』
悲しいことにモコちゃんの気配はありません。
出してあるご飯も手付かずです。
保護主さんは一昨日、昨日と三保からウチまで探しに来て、周りを声かけしながら探してくださいました。
でも出てきません。
お解りのように、私には全然懐いていなかったので、呼んでも出て来ないのは無理のない話しです。
なので、犬の散歩の人や、猫を飼っている家を訪ねては、目撃情報を求めているのですが…
外見的には、かなり特徴的な猫だし、マイクロチップ入り、ノミ取り首輪つきです。
静岡市では、市の助成金を使って(1万円ほど)手術をした場合、チップが必須条件になっています。
賛否両論あると思いますが、実際にこの様なケースの場合、安心を得る事が出来ます。
万が一、誰かに捕まってセンターに送られたとしてもチップを読み取って知らせて貰えるし、そしてあってはならない事ですが、事故に遭ったときにも病院から通知があるからです。

取り合えず、私の呼びかけで出てくるとは考えられないので、何らかの心の変化?などで、帰ってきてくれる事を、そして窓辺で「ニャ~」とないてくれる事を願っています。
ってこれはまりちゃんの時の家出時の状況でした。元々のバリバリ野良さんだったまりちゃんが、家に来てから2週間位で脱走。
突如帰ってきたのは4日後でした。
其の時のうれしさったら!!
今度もそんな展開を待っているのですが…
ところで、昨日の話し合いの件で、センター所長の言動、動向がどんなに信じられないくらいにうれしいかというのは、前任また前々任の所長と接した人にしかわからないかも知れません。
前回の所長との懇談の様子をちょっとだけ自分の日記 去年の10月1日に書いていましたのでコピペします。
センターに行ってきました。
最も主なお願いは、市をあげて猫の不妊手術を徹底して呼びかけて欲しいということです。加えて遺棄、虐待は犯罪だと知らしめるポスター、立て看板の設置のお願い。動物福祉の向上と、殺処分ゼロを目指して業務を追行して欲しいということです。
アポイントを取った時から、なるべく手短にして欲しいと言われていました。
友人Mさんと二人で、約50分くらい所長と面談してきました。感想は、お話にならない位がっかりしました。でも、女性でしかもたった二人で伺ったのでかえって本音を全部言って頂けたと思います。ネットの場で個人的に誹謗中傷をしてはならないと思うのですが、おっしゃられた事をそのまま書く分にはそれにあたらないと思い箇条書きにします。

1.ノラ猫は野生だから、放って置けば自然淘汰する。餌やりをするなんてもっての他。病気も自然淘汰で、手を差し伸べるのはいけない。もちろん段ボールに仔猫が入っていてもそのままにしとけば自然に死ぬという事。
(私達は、ノラ猫は野生ではないと繰り返しましたし、自分たちは餌やりをしたらその後のフォローも充分して、事実猫数はかなり減っている事も繰り返し話しましたが、全く聞く耳もたずでした。)
2.ノラ猫に餌をやる人は、その猫を全部家に連れて帰るべきで、家の中でケージでも置き何十匹も飼うべきだ。それが出来なきゃあ、餌など絶対にやるな!!
3.トラバサミなどの凶器についても、自分の敷地内に置くのはどんな物でも自由で、また自分の土地を守る権利が当然ある。
4.不要猫はそこらに捨てないでここに持ってくればいい。ちゃんと処分する事に法律で決っているんだから。
5.悪環境でペットを売っている様なショップには、市民からの通報があればもちろん指導や訓戒をする。その場合は訴える人の個人名、住所を必ず聞き、それをショップに伝える。だから住所氏名を言えない人は対象外。
(理由がわからない)
最後に、「所長様は犬猫を飼った事がありますか?」と聞きました。
彼は「ある訳ないじゃないですか。帰りが遅いんだ、かわいそうでそんなもの飼えない」とおっしゃいました。
ご家族はいないのか、飼いたいと思ったこともないのか、嫌いなのかと疑問は次々浮びましたが飲み込みました。

最後に一言いうならば、お答えの全てが、猫の生態を全くわかってないと思えるものでした。そしてそれらに愛情のかけらもないお答えでした。


ところで、新所長に反して、協力的ではないM氏という副所長的な立場の方ですが、やっぱり1年半ほど前に、私は懇談しているんです。
彼が(合併前で)旧清水市のセンターの室長だった時、友人Yさんと、やっぱり市会議員同伴で2時間ほどお話させて頂きました。
Yさんが地域猫活動をしているある公園に、遺棄の罰則などを記したポスターを立てて欲しいという要望で伺いました。
その時の彼はかなりいい感触で、清水の所長は良いな~と言い合ったものです。
清水市役所の公園緑地課や看板を立てる為の課にもお願いに行きましたが、彼の計らいもあって、その件はうまく事が運んだんです。
その時の物分りの良い方という風情は一体なんだったのか??
その時彼は言ってました。
「うちのお袋も庭に来てる猫に餌やってんだよな~」と!!
なので、今回のM氏とのギャップにしばし驚いたのでした~。

スポンサーサイト
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/12/24(土) 01:10:03 | | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。