--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/07/05(土)
『困りました・・・』
今日は○ナバの半期に一度の地域還元セールでした。
がんばって朝早く会場になっている○ナバの工場に車を走らせました、、、(主人が)

いちばんの人は5時前に来ていたそうで、私たちが着いたのが6時過ぎだったのに、もう78番でした。
9時の開門まで静岡、清水、富士などから来ているボラ友と話をして待ちました。

9時になって番号順に順次中に入って○ナバの猫缶などを買いあさりました。
もちろん人間用のツナなどを買いに来た人の方が多いんですけどね~

これが終わらないと半年が始まりません。
何とか無事に買って帰路につきました。チャオなどが格安でした。感謝感謝!


ウチの帰ると、Mさんから電話があり、その電話に無性に腹が立ちました。
半年前に新聞掲載で私から兄妹猫をもらったくれたMさん。
お店の周りにいて捕まえ不妊手術やワクチンをしてもらってもらった野良猫さんたちでしたが、その猫たちを何とかしたいというのです。
1222 001

三毛猫1歳と、茶白♂1歳。



三毛ちゃんの方。

2歳の息子に(目のかゆみ、赤み)などの猫アレルギーが出始めたそう。

Mさんは、2匹をもらった後新聞の里親募集欄から1才のスコティッシュを迎えています。
実はその少し後、そのスコの件で何度も電話を貰いました。

ある日、くれた人が「返してくれ」と言って奪い取っていってしまったと。

その家に返したらスコが幸せになれない、自分の家でないと幸せになれないと相談してきたのです。

そして又ある日、取り戻した人が、再度その子の里親を募集していたと。
スコの飼い主の娘さんにアレルギーが出てしまったとのこと。

その時に電話を貰い、何とか別の人を立てて取り戻せないかと言うのです。

で、結局友人に頼んでスコテッシュの引渡しには成功したので、そのままMさんの家に返しに行きました。それも友人がやってくれました。

その際に散々引っかき回されたという苦い記憶があるのに、今度は全頭何とかして欲しい、飼い主を探してくれないかと言うのです。

大人の猫の飼い主を探すのがどんなにたいへんか、また少々のアレルギーを持っていてもみんな何とかして飼っているとか、いろいろ話しましたが解って貰えず、なぜ私がその家の後始末ばかりしなきゃならないのかという理不尽さをも感じつつ、、腹が立ってしかたがなかったです。

でも、こういう人は自分の非に気付く事なんてないのです。

スコを取り戻しにきた元の飼い主と同じことをしていると、気付かないのでしょうか?!

最後には、「選択肢を二つ用意します、1つはアンダーコートもありアレルゲンになりやすいスコテッシュの子の里親探しをする、私があげた2匹は短毛種であまり毛が抜けないからそのまま飼って貰う。2つ目は、あげた2匹を引取るから、今後一切干渉しないで」と言ってしまいました。

2匹をもらってもらってから何かと相談され、困ったら私に、と言う構図が出来ていて、何となくの不安感や危機感を感じていたので、こんな家族とは縁を切りたいと思ったからです。

いつかは「要らなくなった・・・」と言う結末が来る予感がしていたと言ってもウソではありませんでした。

さて、見栄をきったものの、本当に来てしまったら困ると言うのが本音です。

私も人間の個人病院に勤務していたからわかるし、そんな時いつも(そんな言い方は止めて欲しい)と思っていたのですが、人間の医者は、血液検査で猫アレルギーが出ると、いとも簡単に、「猫を手放しなさい、それが出来なきゃ治りませんよ、早くしなきゃ・・・」みたいに言うのです。

そしてそれを言われたバカ親は、親の勤めとばかりに猫を手放す事に邁進するのです。

もしこれが本当の家族だったら、、、誰もそんな事は考えないと思います。
なんとか折り合いをつけることを考えるでしょう。要するに、彼らにとって、どんなきれい事を並べても、家族とは認識していなかったと言う事。
それに他なりません。

3匹の猫を可愛がり、世話をずっとしている小学校6年の上の女の子の、(猫を)失う事に伴う精神的なダメージはどうなんですか?と問いただしましたが、「それは言い聞かせてある」の一点張り。。。

なら、里親探しなど自分たちで対処するべきとの考えは一分もないのです。
私がボラだからやるべきと信じて疑ってもいないのでしょう。

そんな両親ですが、それを実行したら、きっとどこかで報いが来ると思わずにはいられません。



スポンサーサイト
ねこまんま
そんな事が…!
動物をいつでも返品できる物と考えているのでしょうか?悲しいです。
責任を取る覚悟のない大人が多すぎますね。
子供もそのように育ってしまいそうです。
最低限、ご自分で知人などをあたって、飼い主さんを探して欲しいですね。
大人猫の里親探し…大変ですよね。
何より、突然放り出される猫達の気持ちを考えると切ないです。
2008/07/06(日) 04:09:28 | URL | [ 編集]
ゆっこちゃん
馬鹿な人達!!  犬だって猫だって不潔にしていれば子供がアレルギーにもなってしまうでしょうが!!
手入れをきちんとしてあげればこういう事態は回避できるはずでしょう。

まったく何を考えてるんだか??
可哀想なにゃぁーと引き取ってあげたなんて自己満足のあげく放棄?

因果応報と申します。がこの人達にはこんな事さえ理解できないでしょうね。自分が猫にだったら・・犬だったらを真摯に受け止めてもらいたいものです!!
なんだか無性に腹立たしい!!
2008/07/07(月) 09:07:15 | URL | [ 編集]
クルルギ
いつも拝見して関心してるばかりだったのですが、今日は初めてコメントさせて頂きます。

うちも以前16年飼っていた猫がいたのですが、飼い始めて2年目位の時に生まれた長女が1歳過ぎ位から喘息になってしまいました。

アレルゲンを調べたら、普通は『ハウスダスト』がほとんどだそうなのですが 娘は『ハウスダスト』の値は何もなく『タマゴ』が少しとあとは『ネコノヒョウヒ』がダントツで高い数値が出てしまいました。

「卵のアレルギーは大きくなればほとんど消えていくから問題ないけど、猫の方はね・・・。かと言って 今飼っている猫を捨てる訳にはいかないから・・・、なるべく気をつけてあげるしかないね。」
と当時の厚生病院の先生は言って下さいました。

もちろん私と主人は猫を飼うなと言わても、手放す気はサラサラありませんでしたけど。

その後は夜中に喘息の発作が出て、病院に駆け込んだりした事は年中でとても大変でしたが、それが猫のせいだと思った事は1度もありませんでした。

だって大事なうちの家族でしたから。

子供にアレルギーが出て心配な気持ちはわかりますが、そんなに簡単に家族を切り捨てる気持ちは全然わかりません。

可愛かったら、絶対他の方法を考えるはずです。
猫ちゃん達には可愛そうですが、愛していなかったんでしょうね。

2008/07/07(月) 14:10:51 | URL | [ 編集]
ケンケンのママ
私の喘息も、検査の結果「ネコの表皮」が重度の数字。もちろん3男もそうです。私の主治医は、「手放すわけにいかないでしょうから、掃除を頑張るように。寝室には入れない工夫をしましょう。」と穏やかにおっしゃいました。あと「週一でニャンコをシャンプーするとかなり効果的、と外国の論文に書いてありました。」とも。
私はタラちゃんに顔をうずめると、目の周りが腫れてしまうし、首の周りに湿疹できてまうし、喘息が辛いときは、「このまま息が止まるかも・・・」なんて思うけど、やっぱり手放すことは考えられない。
だけど、私が苦しんでるのを見ている主人は、里子に出すことも考えてしまうのも事実です。3人残して私に万が一のことがあると・・・と。

現実的には、大人のニャンコの里親さがしはホントに大変ですよね。
ネコのストレスも相当なものだと思うし。
それにしても、どうして喘息人口はこんなに多いのだろう・・・。

ところで6匹の子猫ですが、2匹は私の友達が、あとの2匹は保護主の実家に、残りの2匹はそのご近所の方が1匹ずつ、迎えてくれることになりました。今回も子供は乗り気なのだけど、親の了解がとれないケースとやはり家族に喘息の子供がいたりと、苦戦しましたが、めでたしめでたしです(^^)
私としてはお子さんが中学生以上で手が離れつつある家庭が狙い目かと思います。子離れするお母さんは、さみしいですから・・・!
2008/07/08(火) 00:02:59 | URL | [ 編集]
peco
私もはじめてコメントさせていただきます。
ず~っと前からハッチーさんのプログをよませていただいてました。
そしてワンコ2だった我が家でしたが、職場に迷い込んできちゃった
老猫が事故にあってしまい、そのまま我が家でひきとりました。
うちは、三人の子供がアトピー私が猫アレルギーがあって一生猫は無理だと思っていましたが、目の前で足がうごかなくなった猫を見て決心しました。
そんな猫も今は元気に歩いてます。私たちのアトピーは相変わらずですが、猫をひきとるときに子供達にどんなに肌が悪化してももうこの猫は捨てるなんてできないんだと言い聞かしました。
病院の先生からは七歳くらいじゃないかといわれる子で歯も一本しかない子ですが、時々脱走しながらなんとか生活しています。
私がこの子をひきとろうかどうしようか悩んだときに、支えになったのはハッチーさんの活動でした。
ハッチーさんに比べれば1猫くらい増えたって!と言う感じです。
ボランティアは大変だと思いますが、私のようにコメントなしでも何年ものぞかせてもらい、とうとう猫を飼うまでになった人間もいます。
体を大事にして、ストレスをためないようにしてください。
2008/07/08(火) 22:15:50 | URL | [ 編集]
ハッチー
ねこまんまさん
大人猫の里親探しがどんなにたいへんかきっと何も解っていないと思います。
何よりいつまでも頼るという心理、何だかな~と思います。
自分なら出来ないですけどね。

未だに何も言って来ないのが恐いです。

ゆっこちゃん、
いつも怒らせちゃってすみません(--;
家族だったら、、、真の家族と思っていたらこうは言えないだろうって
悲しくなりますけどね。
こういう時本心がわかるんですよね~

クルルギさん
お立ち寄りくださりありがとうございます。
そうなんですよね。
アレルギーがあるなしに関らず、気持ちの問題なんですよね。
邪魔に思ったらすぐ排除って。。。
親がそんな教育していいのかって思いますね。
少しでも努力をする姿勢を見せて欲しいです。

ケンケンのママさん
6匹決まっておめでとうございます!!!
今は少しゆったりしているのかな。

ケンケンのママさんも喘息あるから気持ちは解るかも。
でも少し位努力と言うか、私にどうしたら共存できるか??
聞いてもいいと思うんですが。
いきなり貰い手探して、、引取ってですよ~~~
悲しいです。

pekoさん
とてもうれしいコメントありがとうございました。
何もがんばっていないのに、、そんな風に言われてうれしいやら、恥ずかしいやら(^^;ゝ
私の方がかえって見習わなければ。

今後も宜しくお願いします。
不安定な時節柄、お互いに体を大切にしましょうね!

2008/07/09(水) 23:48:55 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。