--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2006/01/01(日)
『今年も宜しくお願いいたします。』
「中央環境審議会野生生物部会鳥獣保護管理小委員会」で、わな、とらばさみの使用についての規制法案が記されています!これに対するパブコメは13日までです!
詳しくはこちらの報告書(素案)の(9~10ページ内、4『狩猟の適正化』、(3)のア「わなの取り扱いの適正化」)に書いてあります。
取りあえず、ごちゃごちゃ書いてありますので、素案の一番下の最終項目を見てください!応募要項はこちらです。(詳しくは昨日のブログで)
かわいいカレンダーを買って家なき猫チャリティーに参加は家なき猫に救いの手を!
こちら
ところで、昨年中は、愛猫、愛犬すべてが健康に恵まれたいへん幸せな1年でした。預かり猫ちゃんたちもすべて無事に里子に行けて、これ以上の幸せはないと思います。ありがとうございました!ちぃときゅう
最後の最後でモコちゃんの脱走と言う悲劇に見舞われましたが、今日も近所のお宅で見かけたとのご報告を戴けました。
先日の同じお宅ですが、一昨日までは庭に置いたご飯も食べていなかったそうですが、昨日はすっかりなくなっていたそうです。
うれしいです!
希望が沸いてきました~!!

お正月、私事ですが一昨日は神奈川の大学4年の次男が、今日は県西部で社会人をしている長男が帰省したので、一緒に墓参りしたり、食事の支度をしたり、カラオケに(笑)行ったりと忙しく、そして楽しく過ごしました。
恥ずかしながら、男の子は幾つになってもかわい~い!
男の子を持っている人には解ってもらえると思うけど、とても幸せな日でした。
スポンサーサイト
nao
happy new year !!
本年も宜しくお願い致します。
早速、近所の神社に行って「世の中の猫たちに平和が訪れますように」と願をかけてきました。とらばさみの件、明日ゆっくり読んでから応募させて頂きます。


それから、お正月早々見過ごせない、猫を虐待しているTV番組があったので、下記の通りコピペさせて頂きます。
この場をおかりして大変申し訳ないのですが、『声』で大きく変化する事を学んだばかりなので、二度とこういう企画をさせないためにも、どうか宜しくお願い致します。

http://www4.tokai.or.jp/sweety.cats/page007009.html
2006/01/02(月) 01:51:57 | URL | [ 編集]
たらちゃんパパ・ママ
ハッチーさん、皆さま、明けまして
おめでとうございます。

昨年はお世話になり、本当にありがとう
ございました。

ハッチーさんも「お正月くらい」は
「普通人」として暮らしていたんですね。
皆さまどうかご健康でご多幸な年であります
ように。

naoさんがご覧になった番組の件ですが、
それはひどすぎる!私は見ていないのです
が、動物愛護上は勿論、教育上も大問題と
思いますので、声をまとめて抗議した方
が良いような気がするのですが。
2006/01/02(月) 02:12:33 | URL | [ 編集]
ハッチー
naoさん
昨年中は大変お世話になりました。
今年も宜しくお願いいたします。

お話しのTV番組は見ていないので何とも言えませんが、猫の特性を無視し、虐待とも言える状況を作り出し、それを放映するのは憂慮すべきことです。
抗議は電話だけみたいですね。明日にでもかけたいと思います。

昨今、TV番組にいろんな動物が出されていますが、それがやたらと興味本位の使われ方、又笑いを取る為の道具にされています。
主にバラエティーなど、もしくは動物愛護?を謳っているような番組でも、どうかな?という扱われ方ですね。
あまり良い感じを受けないのは私だけでしょうか?! 
最近では○むらさんが司会の何とかって番組。
子供を対象としている一見ほのぼのとした番組ですが…(きらいです)
ひねくれた見方なのかな~?!
2006/01/02(月) 22:13:32 | URL | [ 編集]
ハッチー
たらちゃんパパ・ママさん
良いお正月を過ごされていらっしゃいますか?!
私はふつう人以下で何もせず、お恥ずかしい限りです。

日本は動物福祉の歴史が浅いので、やれ愛護だ、福祉だと言ってもどの様にしたらいいのかが解らないのだと思います。
本物になるにはまだまだ長い時間がかかるのではないでしょうか?!
子供たちにも本当の動物福祉をわかってもらいたいですが、文字通り「猫可愛がり」する事が、動物愛護と思っている人が多いので。
なので(私個人ですが)、動物愛護活動というより、動物福祉活動と言っています。
僭越ですし、微々たる事しかしていませんが、そう著したいと思っています。
(おばさんはすぐ話しが飛んですみませんが)これから本物になるには長い長い時間が必要だと思います。
でも、未来は明るいと信じています。

2006/01/02(月) 22:30:23 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。